救急医療をより早く・正しくする
未来型情報サービス

救急搬送困難事案を、ゼロに。

救急医療情報サービス

特許取得(第6875734号)

Advantages

救急隊救急隊

救急隊の現場滞在時間短縮をサポート

  • 救急隊メリット1

    傷病者情報を音声やタップで入力、
    事故状況等の写真を撮影し、
    正確・迅速・豊富な情報を共有

    救急隊メリット1

  • 救急隊メリット2

    複数の医療機関へ一括受入要請
    1件ごとの病院交渉時間を短縮

    救急隊メリット2

救急隊の業務軽減

  • 救急隊メリット3

    救急活動記録票等作成機能
    帰署しなくてもタブレットで簡単作成

    救急隊メリット3

医療機関医療機関

医療機関の業務効率化

  • 医療機関受入体制サポート

    傷病者情報をリアルタイムに共有、
    AI予測診断も活用し早期に受入体制を構築

    医療機関受入体制サポート

  • 医療機関情報共有

    救急隊から共有された傷病者情報を
    電子カルテへ

    医療機関情報共有

リアルタイム共有方式は、
住民・消防指令センター・救急隊・受入医療機関と
「命のリレー」をスムーズにします。

現状:アナログ・リレー方式

  • 住民住 民
  • 消防指令センター消防指令センター
  • 救急隊救急隊
  • 受入医療機関受入医療機関

救急隊が病院を選定し、患者情報を一件ずつ電話連絡し、
受入を交渉するため現場滞在時間が伸びる。

Smart119:リアルタイム共有方式

  • 住民住 民
  • 消防指令センター消防指令センター

Smart119 音声入力予測診断

  • 受入医療機関受入医療機関
  • 救急隊救急隊

Operation

2020年7月より千葉市消防局で運用開始

指令センター指令センター

指令センター

119番通報を受ける指令センターでは、入電内容や通報者から聴取した情報を救急隊が持つタブレットに送信し出場指令を流します。

↓

救急隊救急隊

救急隊

救急隊は指令センターから送られてきた指令情報を確認し、現場に向かいます。到着した救急隊は、タブレット端末に傷病者情報やバイタルを入力します。必要に応じ事故現場などの写真を撮影し送信することも可能です。入力した内容をもとに複数の医療機関へ受入要請を一斉に行います。

↓

医療機関医療機関

医療機関には、救急隊からの受入要請が入ると傷病者情報が送られてきます。画面上に出てきたバイタルや写真等で受入判断を行います。正確かつ迅速により多くの情報を送信できるため、早期に受入体制を整えることが可能です。「脳卒中」「心筋梗塞」の症状の場合では、AI予測診断を活用し救命とともに、後遺症を抑える高度な治療体制を整えられます。

  • 医療機関
  • 医療機関
  • 医療機関

Demonstration

山梨県『TRY! YAMANASHI! 実証実験サポート事業』、
さっぽろ連携中枢都市圏『Local Innovation Challenge HOKKAIDO』へ
Smart119は採択され、実証実験を実施しています。

TRY! YAMANASHI!
実証実験サポート事業

YAMANASI、Smart119

最先端技術やサービスを有するスタートアップ企業等に対し、山梨県全域をフィールドとして産学官金連携のオール山梨体制で伴走支援する「TRY!YAMANASHI!実証実験サポート事業」に株式会社Smart119が採択され、2021年11月より実証実験を行いました。

救急隊救急隊

  • 緊急事案

    緊急事案

  • 傷病者情報入力

    傷病者情報入力

    一括受入要請

  • 病院確定

    病院確定

  • 活動記録票作成

    活動記録票作成

医療機関医療機関

  • 受入要請自動着信

    受入要請自動着信

  • 患者情報確認

    患者情報確認

    一括受入要請

  • 受入可否

    受入可否

  • 受入準備

    受入準備

Local Innovation
Challenge HOKKAIDO
実証実験プロジェクト

2022年1月に採択され、地域・行政課題の一つである「救急搬送困難事案(救急のたらい回し)」の解決を目的として、
札幌市にて実証実験を実施します。

startup city sapporo、さっぽろ連携中枢都市圏

  • *札幌市、小樽市、岩見沢市、江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、南幌町、長沼町

Message

株式会社Smart119 代表取締役中田孝明
株式会社Smart119代表取締役
中田孝明

この時が、不幸な転帰にならないために。

救急集中治療医として、ERに立つ、株式会社Smart119代表取締役中田孝明は、傷病者受入の際に、常に思う言葉です。
人が救急救命を必要とする時は、自らの恢復力が著しく低下している状態で、「命を救う」、また「後遺症を生じさせない」ために、迅速さが求められます。
救急隊による搬送、受け入れる医療機関の治療の一連の流れは、止まることのない連携が必要です。
時に「救急搬送困難事案(救急のたらい回し)」が、社会的課題となり、市民生活の向上を図る自治体、消防隊、医療機関で、喫緊の解決策が求められ、連携の強化を模索していました。

医師の立場から、「早く受入体制を整えることで、多くの患者の搬入が可能となる」「ICTの活用は救急医療の向上となる」「何より多くの命を救える」と、消防指令センター、救急隊と医療機関で「情報共有」で連携を強化するシステムとして開発されました。

救急時が、不幸な転帰ならないために、ICTを活用した情報共有で、消防指令センター、救急隊、医療機関の連携を強化するシステムが「救急医療情報サービス Smart119」です。

Contact

下記に必要事項を入力の上、
入力内容確認ボタンを押してください。

*必須項目

  • お問い合わせ要件*

  • ご所属機関名*
  • ご担当者名*
  • お電話番号*
  • メールアドレス*
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • お問い合わせ内容