株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

2021.03.22

千葉大学医学部附属病院で「Smart:DR」導⼊決定しました

医療機関用災害対策システム「Smart:DR」を利用している千葉大学病院では、所属職員約2600人に対する新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種が3月15日に開始されました。その翌日である3月16日から、ワクチン接種を済ませた職員に対し、「Smart:DR」を通じて体温や体調、勤怠状況の報告を求め、副反応の発生状況を一元管理する機能が稼働しました。

医療従事者を対象とした新型コロナウイルス感染症の予防接種が開始され、約2万人が健康観察日誌を記すこととなり、アナログ的に紙に書かれた内容を集約し、報告する運用が求められます。
弊社は、忙しい医療従事者の負担を少しでも軽減すること、正しいデータがいち早く集約できることめざし、「職員健康情報管理機能」を持つ既存の医療機関⽤災害対策システム「Smart:DR」に、「予防接種後項⽬」を追加するアップデートを実施しました。
このシステムを活用することで、書類への記⼊と提出、PCへデータ⼊⼒といった⼿間を省き、健康管理業務を効率化できます。

詳細は下記のプレスリリースをご確認ください。

コロナワクチン接種後の健康管理「Smart:DR」が千葉大学病院で利用開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000056624.html

お問い合わせはこちら