株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Risk of mortality in patients infected with SARS-CoV-2 variant of concern 202012/1: matched cohort study (BMJ 2021.3.10)

Abstract


Objective

To establish whether there is any change in mortality from infection with a new variant of SARS-CoV-2, designated a variant of concern (VOC-202012/1) in December 2020, compared with circulating SARS-CoV-2 variants.

Design

Matched cohort study.

Setting

Community based (pillar 2) covid-19 testing centres in the UK using the TaqPath assay (a proxy measure of VOC-202012/1 infection).

Participants

54 906 matched pairs of participants who tested positive for SARS-CoV-2 in pillar 2 between 1 October 2020 and 29 January 2021, followed-up until 12 February 2021. Participants were matched on age, sex, ethnicity, index of multiple deprivation, lower tier local authority region, and sample date of positive specimens, and differed only by detectability of the spike protein gene using the TaqPath assay.

Main outcome measure

Death within 28 days of the first positive SARS-CoV-2 test result.

Results

The mortality hazard ratio associated with infection with VOC-202012/1 compared with infection with previously circulating variants was 1.64 (95% confidence interval 1.32 to 2.04) in patients who tested positive for covid-19 in the community. In this comparatively low risk group, this represents an increase in deaths from 2.5 to 4.1 per 1000 detected cases.

Conclusions

The probability that the risk of mortality is increased by infection with VOC-202012/01 is high. If this finding is generalisable to other populations, infection with VOC-202012/1 has the potential to cause substantial additional mortality compared with previously circulating variants. Healthcare capacity planning and national and international control policies are all impacted by this finding, with increased mortality lending weight to the argument that further coordinated and stringent measures are justified to reduce deaths from SARS-CoV-2.

02012/1のSARS-CoV-2変異種に感染した患者の死亡リスク:マッチドコホート研究(BMJ 2021.3.10)


概要


目的

2020年12月にVariant of concern(VOC-202012/1)に指定されたSARS-CoV-2の新しい変異種に感染した場合、流行しているSARS-CoV-2の変異種と比較して、感染による死亡率に変化があるかどうかを確認すること。

デザイン

マッチドコホート研究

設定

TaqPathアッセイ(VOC-202012/1感染の代理指標)を用いた英国のコミュニティベース(ピラー2)のCOVID-19検査センター。

対象者

2020年10月1日から2021年1月29日の間にピラー2でSARS-CoV-2が陽性と判定された54 906組のマッチされたペアを2021年2月12日まで追跡調査した。参加者は、年齢、性別、民族性、重複剥奪指標、下層地方自治体地域、陽性検体のサンプル日でマッチさせ、TaqPathアッセイを用いたスパイクタンパク遺伝子の検出可能性のみが異なっていた。

主要評価項目

最初のSARS-CoV-2検査結果が陽性であった日から28日以内の死亡。

結果

市中で COVID-19 が陽性と判定された患者において、VOC-202012/1 の感染に関連する死亡率のハザード比は、以前に流通していた変異種の感染と比較して 1.64(95%信頼区間 1.32~2.04)であった。この比較的低リスクのグループでは、検出された症例1,000例あたりの死亡数が2.5例から4.1例に増加したことになる。

結論

VOC-202012/01 に感染すると死亡リスクが高まる可能性が高い。この知見が他の集団に一般化されるならば、VOC-202012/1 の感染は、これまでに流通していた変異型と比較して、大幅な死亡率の増加を引き起こす可能性がある。SARS-CoV-2による死亡者数を減少させるためには、さらに協調した厳格な対策が必要であるという主張は、死亡率の増加によって重みを増している。

Table2:S遺伝子陰性とS遺伝子陽性(基準カテゴリー)との比較における死亡リスク
Risk of mortality in patients infected with SARS-CoV-2 variant of concern 2020121 matched cohort study Table2.png

Figure2:英国におけるS遺伝子陽性(以前に流通していた型)およびS遺伝子陰性(新しい型VOC-202012/1)の被験者のKaplan-Meier生存曲線。両群とも死亡率が低かったため、Y軸は切り捨てられている。
F2.large.jpg

https://www.bmj.com/content/372/bmj.n579

#ウイルス学・疫学#リスク因子・重症化リスク因子#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら