株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Increased mortality in community-tested cases of SARS-CoV-2 lineage B.1.1.7 (Nature 2021.3.15)

Abstract

SARS-CoV-2 lineage B.1.1.7, a variant first detected in the UK in September 2020, has spread to multiple countries worldwide. Several studies have established that B.1.1.7 is more transmissible than preexisting variants, but have not identified whether it leads to any change in disease severity. Here we analyse a dataset linking 2,245,263 positive SARS-CoV-2 community tests and 17,452 COVID-19 deaths in England from 1 September 2020 to 14 February 2021. For 1,146,534 (51%) of these tests, the presence or absence of B.1.1.7 can be identified because of mutations in this lineage preventing PCR amplification of the spike gene target (S gene target failure, SGTF). Based on 4,945 deaths with known SGTF status, we estimate that the hazard of death associated with SGTF is 55% (95% CI 39-72%) higher after adjustment for age, sex, ethnicity, deprivation, care home residence, local authority of residence and test date. This corresponds to the absolute risk of death for a 55-69-year-old male increasing from 0.6% to 0.9% (95% CI 0.8-1.0%) within 28 days after a positive test in the community. Correcting for misclassification of SGTF and missingness in SGTF status, we estimate a 61% (42-82%) higher hazard of death associated with B.1.1.7. Our analysis suggests that B.1.1.7 is not only more transmissible than preexisting SARS-CoV-2 variants, but may also cause more severe illness.

SARS-CoV-2系統B.1.1.7の市中受診例における死亡率の増加(Nature 2021.3.15)


概要

SARS-CoV-2系統B.1.1.7は、2020年9月に英国で初めて検出された変異種であり、世界の複数の国に広がっている。いくつかの研究により、B.1.1.7は既存の変異種よりも感染力が高いことが立証されているが、それが病気の重症度の変化につながるかどうかは確認されていない。ここでは、2020年9月1日から2021年2月14日までのイングランドにおける2,245,263人のSARS-CoV-2コミュニティ検査陽性者と17,452人のCOVID-19死亡者を結びつけるデータセットを分析した。これらの検査のうち1,146,534件(51%)については、この系統の変異がスパイク遺伝子ターゲットのPCR増幅を妨げるため(S遺伝子ターゲット失敗、SGTF)、B.1.1.7の有無を特定することができる。SGTFの有無が判明している4,945人の死亡例をもとに、年齢、性別、民族、貧困度、ケアホーム居住地、居住地の地方自治体、検査日で調整した結果、SGTFに関連する死亡のハザードは55%(95%CI 39~72%)高いと推定される。これは、55~69歳の男性の死亡リスクの絶対値が、地域社会での検査で陽性となった後、28日以内に0.6%から0.9%(95%CI 0.8~1.0%)に上昇することに相当する。SGTFの誤分類とSGTFの状態の見逃しを補正すると、B.1.1.7に関連する死亡のハザードは61%(42~82%)高くなると推定される。今回の解析では、B.1.1.7は既存のSARS-CoV-2変異種よりも感染力が高いだけでなく、より重篤な疾患を引き起こす可能性があることが示唆された。

Increased mortality in community-tested cases of SARS-CoV-2 lineage B.1.1.7 figure1.png

https://www.nature.com/articles/s41586-021-03426-1#Sec18

#ウイルス学・疫学#リスク因子・重症化リスク因子#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら