株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

2020.05.27

【新型コロナウイルス 国内重症患者の状況】ダッシュボード開発協力いたしました。

日本COVID-19対策 ECMOnet データベース (CRISIS)のデータをビジュアル化の開発協力しました。
重症患者数の時間的推移からも各都道府県で第一波が収束していることが、よくわかります。

【新型コロナウイルス 国内重症患者の状況】
https://covid19-jp.net
Powered by 千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 株式会社Smart119


スクリーンショット 2020-05-26 18.05.51(2).png
スクリーンショット 2020-05-26 18.03.30(2).png
スクリーンショット 2020-05-26 18.03.56(2).png


株式会社Smart119は、急性期医療の現場に新たなテクノロジーを導入し、柔軟かつ独創的な発想で多くの救急患者さんを救いたい、という思いを元に、国立大学法人である千葉大学で救急集中治療医学を専門とする中田孝明医師により設立されました。


<株式会社Smart119について>
株式会社Smart119は「現役救急医が設立した、千葉大学医学部発ベンチャー」です。
『今の「119」を変える』ため、音声認識とAIを活用した救急医療支援システム「Smart119」を開発・運用。
千葉市において、日本医療研究開発機構 (AMED) の救急医療に関する研究開発事業を実施。
緊急時医師集合要請システム「ACES」、災害時の病院初期対応を「Smart DR」の開発・運用を行なっています。Smart119は「安心できる未来医療を創造する」を目指します。

お問い合わせはこちら