株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

COVID-19 pneumonia: ARDS or not? (Critical Care. 2020.04.16)

(Smart119社コメント)
ARDS研究者のGattinoni先生が, COVID-19肺炎の病態と呼吸管理に関してわかりやすく解説してます.

【概要】
COVID-19肺炎は,病態生理の観点から2つのタイプ(non-ARDS,ARDS)に分けられ,CTスキャンで区別できる.

【管理のポイント】
-non-ARDS
高肺コンプライアンス時は低PEEP維持
低容量換気(1回換気量<6ml/kg)の制限は不要
頻呼吸(呼吸数=20/分)の回避
患者の安静維持に努める

-ARDS
重症ARDSに対する標準治療(低容量換気,伏臥位,高PEEP)

https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-020-02880-z

#治療薬・治療法#病態#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら