株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Temporal dynamics in viral shedding and transmissibility of COVID-19 (Nature Medicine. 2020.4.15)

(Abstract)
We report temporal patterns of viral shedding in 94 patients with laboratory-confirmed COVID-19 and modeled COVID-19 infectiousness profiles from a separate sample of 77 infector-infectee transmission pairs. We observed the highest viral load in throat swabs at the time of symptom onset, and inferred that infectiousness peaked on or before symptom onset. We estimated that 44% (95% confidence interval, 25-69%) of secondary cases were infected during the index cases' presymptomatic stage, in settings with substantial household clustering, active case finding and quarantine outside the home. Disease control measures should be adjusted to account for probable substantial presymptomatic transmission.

COVID-19のウィルス排出と感染性に関する時間的動態 (Nature Medicine. 2020.4.15)

(要約)
COVID-19 94症例(1次感染者―2次感染者 77ペア)におけるウイルス排出の時間的パターンを明らかとし、COVID-19感染性プロファイルをモデル化した。症状発現時の咽頭ぬぐい液に、最も高いウイルス量が観察されたことから、感染性は発症時または発症前にピークに達すると推測された。家庭内クラスタリング、積極的症例探索、家庭外での検疫のデータでは、2次感染者の 44%(95%信頼区間、25-69%)は症状発現前段階で感染していると推定された。このことから症状発現前に多くの感染が起きている可能性を考慮したCOVID-19感染防止策に調整すべきである。

(Smart119スタッフコメント)
Nature誌に掲載されたCOVID-19の感染性は発症時または発症前にピークに達する可能性を示唆した報告になります。

https://www.nature.com/articles/s41591-020-0869-5


#基礎研究#感染伝播・予防策
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら