株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Aerodynamic analysis of SARS-CoV-2 in two Wuhan hospitals. (Nature. 2020.04.27)

(Abstract)
The ongoing COVID-19 outbreak has spread rapidly on a global scale. While the transmission of SARS-CoV-2 via human respiratory droplets and direct contact is clear, the potential for aerosol transmission is poorly understood1-3. This study investigated the aerodynamic nature of SARS-CoV-2 by measuring viral RNA in aerosols in different areas of two Wuhan hospitals during the COVID-19 outbreak in February and March 2020. The concentration of SARS-CoV-2 RNA in aerosols detected in isolation wards and ventilated patient rooms was very low, but it was elevated in the patients' toilet areas. Levels of airborne SARS-CoV-2 RNA in the majority of public areas was undetectable except in two areas prone to crowding, possibly due to infected carriers in the crowd. We found that some medical staff areas initially had high concentrations of viral RNA with aerosol size distributions showing peaks in submicrometre and/or supermicrometre regions, but these levels were reduced to undetectable levels after implementation of rigorous sanitization procedures. Although we have not established the infectivity of the virus detected in these hospital areas, we propose that SARS-CoV-2 may have the potential to be transmitted via aerosols. Our results indicate that room ventilation, open space, sanitization of protective apparel, and proper use and disinfection of toilet areas can effectively limit the concentration of SARS-CoV-2 RNA in aerosols. Future work should explore the infectivity of aerosolized virus.


武漢の2つの病院におけるSARS-CoV-2の空気力学的解析。 (Nature. 2020.04.27)

(要約)
現在まで続いているCOVID-19(新型コロナウィルス感染症) アウトブレイクは、世界規模で急速に拡大している。SARS-CoV-2 のヒトの呼吸器飛沫や直接接触を介した感染は明らかであるが、エアロゾルによる感染の可能性については十分に理解されていない。本研究では、2020年2月と3月のCOVID-19発生時に武漢の2つの病院の異なるエリアのエアロゾル中のウイルスRNAを測定することで、SARS-CoV-2の空気力学的性質を調査した。隔離病棟と換気された患者室で検出されたエアロゾル中の SARS-CoV-2 RNA の濃度は非常に低かったが、患者のトイレエリアでは上昇していた。公共エリアの大部分では、混雑しやすい2つのエリアを除いて、空気中のSARS-CoV-2 RNAの濃度は検出されなかったが、これはおそらく混雑したエリアでの感染キャリアによるものであった。一部の医療スタッフエリアでは、当初、エアロゾルサイズの分布がサブマイクロメートルおよび/またはスーパーマイクロメートル領域にピークを持つ高濃度のウイルスRNAが検出されたが、厳格な衛生管理を実施後、これらのレベルは検出不可能なレベルにまで低下した。これらの病院で検出されたウイルスの感染性は確認されていないが,SARS-CoV-2はエアロゾルを介して感染する可能性があることが示唆された.我々の結果は、室内の換気、開放的な空間、防護服の消毒、トイレの適切な使用と消毒が、エアロゾル中のSARS-CoV-2 RNA の濃度を効果的に制限できることを示している。今後の研究では、エアロゾル化したウイルスの感染性を調べる必要がある。

(Smart119スタッフコメント)
室内の換気、開放的な空間、防護服の消毒、トイレの適切な使用と消毒がエアロゾル中のSARS-CoV-2 RNAの濃度を効果的に制限することを示している。
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2271-3

#基礎研究#感染伝播・予防策
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら