株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Renin-Angiotensin-Aldosterone System Inhibitors and Risk of Covid-19 (N Engl J Med. 2020.05.01)

BACKGROUND: There is concern about the potential of an increased risk related to medications that act on the renin-angiotensin-aldosterone system in patients exposed to coronavirus disease 2019 (Covid-19), because the viral receptor is angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2).

METHODS: We assessed the relation between previous treatment with ACE inhibitors, angiotensin-receptor blockers, beta-blockers, calcium-channel blockers, or thiazide diuretics and the likelihood of a positive or negative result on Covid-19 testing as well as the likelihood of severe illness (defined as intensive care, mechanical ventilation, or death) among patients who tested positive. Using Bayesian methods, we compared outcomes in patients who had been treated with these medications and in untreated patients, overall and in those with hypertension, after propensity-score matching for receipt of each medication class. A difference of at least 10 percentage points was prespecified as a substantial difference.

RESULTS: Among 12,594 patients who were tested for Covid-19, a total of 5894 (46.8%) were positive; 1002 of these patients (17.0%) had severe illness. A history of hypertension was present in 4357 patients (34.6%), among whom 2573 (59.1%) had a positive test; 634 of these patients (24.6%) had severe illness. There was no association between any single medication class and an increased likelihood of a positive test. None of the medications examined was associated with a substantial increase in the risk of severe illness among patients who tested positive.

CONCLUSIONS: We found no substantial increase in the likelihood of a positive test for Covid-19 or in the risk of severe Covid-19 among patients who tested positive in association with five common classes of antihypertensive medications.


レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系阻害薬とCovid-19のリスク (N Engl J Med. 2020.05.01)

背景:コロナウイルス感染症2019(Covid-19)に曝露された患者において、ウイルスの受容体がアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)であることから、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系に作用する薬剤に関連したリスクの増加の可能性が懸念されている。

方法:ACE阻害薬、アンジオテンシン受容体拮抗薬、β遮断薬、カルシウム拮抗薬、またはチアジド系利尿薬による治療歴と、Covid-19検査で陽性/陰性率、および陽性と判定された患者の重症化率(集中治療、機械的換気、または死亡と定義)との関係を評価した。ベイズ法を用いて、これらの薬物治療を受けていた患者と未治療の患者の転帰を、各薬物クラスについて傾向スコアマッチングを行った後に、全体と高血圧患者で比較した。少なくとも10%ポイントの差があった場合は、実質的差と設定した。

結果:Covid-19の検査を受けた12,594人の患者のうち、合計5894人(46.8%)が陽性であった;これらの患者のうち1002人(17.0%)は重症であった。高血圧の既往歴のある患者は4357人(34.6%)であり、そのうち2573人(59.1%)が陽性であった。そのうち634人(24.6%)が重篤な疾患を有していた。特定の薬とCovid-19検査陽性率増加との関連性はなかった。検査されたどの薬も、陽性患者の重症化リスクの有意な増加とは関連していなかった。

結論:5つの一般的なクラスの降圧薬を内服中のCovid-19陽性患者において、Covid-19陽性率や重症化のリスクの有意な増加は認められなかった。

(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 中田孝明 コメント):
新型コロナウイルスはアンジオテンシン変換酵素2受容体を介して感染するため、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系阻害薬が感染や重症化に影響を及ぼすのではと懸念されていた。本論文ではニューヨークの大規模データでは、高血圧の既往歴のある患者は高いCovid-19陽性率(59.1%、全体の46.8%に比し)・高い重症化率(24.6%、全体の17.0%に比し)を示した。しかしレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系阻害薬などの内服薬の種類と悪影響(陽性/重症化率)の関連は認められなかったことが報告された。処方されているレニン-アンジオテンシン-アルドステロン系阻害薬を内服継続する根拠の一つと言える。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMe2012924

#リスク因子・重症化リスク因子#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら