株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

An Asymptomatic Patient Infected with Coronavirus Disease 2019 (Am J Respir Crit Care Med. 2020.04.21)

Case
A healthy 32-year-old woman, a resident of Wuhan City, traveled to Xi'an City, which is 800 kilometers away, to visit her husband on January 21, 2020. Five days after their reunion, her husband had a fever. On January 27, both of them had nasopharyngeal swabs collected for real- time reverse transcription polymerase chain reaction (RT-PCR) assays. On January 29, both were confirmed with coronavirus disease 2019 (Covid-19) by CDC. Surprisingly, the woman was afebrile without chills and cough, and physical examination and laboratory results were unremarkable. However, the chest CT scan showed bilateral subpleural ground-glass opacities (GGO) in the lower lobe (Fig. 1). She was immediately admitted to the isolation ward and developed a mildly productive cough with no other discomfort on January 30. After two days of supportive therapy, the patient recovered well and remained symptom-free until her discharge on February 17 for home isolation.
Our case verified the asymptomatic infection with Covid-19 as previously reported and suggested that the transmission of Covid-19 seemingly could occur during the incubation period and may cause a potential threat to public health, and the CT examination is very helpful for the early diagnosis of Covid-19 because the abnormalities (e.g. unilateral or bilateral subpleural multifocal ground-glass opacities of the lungs) associated with Covid-19 could be visualized on CT while subjects remain asymptomatic.

無症候性の新型コロナウイルス感染症(Covid-19)症例 (Am J Respir Crit Care Med. 2020.04.21)

(症例)
武漢市に住む健康な32歳の女性が、2020年1月21日に夫を訪ねるため、800キロ離れた西安市に旅行した。再会から5日後、夫が熱を出した。1月27日、二人ともリアルタイム逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査のために鼻咽頭スワブを採取しました。1月29日、両者とも新型コロナウイルス感染症(Covid-19)が確認された。驚いたことに、女性は悪寒や咳を伴わない無熱状態で、身体検査や検査結果に目立った変化はなかった。しかし,胸部CTスキャンでは,下葉に両側性の両側性胸膜下にすりガラス様陰影が認められた(図1).すぐに隔離病棟に入院し、1月30日に軽度の咳嗽を発症したが、他は無症状であった。2日間の支持療法で回復し,2月17日に自宅隔離のため退院するまで無症状であった。
本症例は既報のようなCovid-19の無症候性感染を確認し、Covid-19の感染は潜伏期間中に起こる可能性があり,公衆衛生上の潜在的脅威となる可能性があることを示唆した.また、無症状の間でも、Covid-19に関連した異常陰影(例えば,肺の片側性または両側性の胸膜下の多巣性のすりガラス様陰影)が検出される可能性があり、CT検査はCovid-19の早期診断に非常に有用である。
2020-05-04 7.27.54.png
2020-05-04 7.28.01.png


ABC 両側肺の胸膜下に多巣性すりガラス状陰影
矢印 C エアブロンコグラム
矢印 E 軽度血管拡張

(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 中田孝明 コメント):
Covid-19の感染は潜伏期間中にでも起こる可能性がある。また,無症状期間でも、肺野にすりガラス状陰影などの異常陰影が検出する場合があり,CT検査はCovid-19の早期診断の有用性を報告している.CT所見も特徴的でわかりやすい。興味ある方はぜひ原文をご確認ください。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/32315543

#検査・診断#臨床症状#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら