株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Immune mechanisms of pulmonary intravascular coagulopathy in COVID-19 pneumonia (Lancet Rheumatol. 2020.05.07)

The lung pathology seen in patients with coronavirus disease 2019 (COVID-19) shows marked microvascular thrombosis and haemorrhage linked to extensive alveolar and interstitial inflammation that shares features with macrophage activation syndrome (MAS). We have termed the lung-restricted vascular immunopathology associated with COVID-19 as diffuse pulmonary intravascular coagulopathy, which in its early stages is distinct from disseminated intravascular coagulation. Increased circulating D-dimer concentrations (reflecting pulmonary vascular bed thrombosis with fibrinolysis) and elevated cardiac enzyme concentrations (reflecting emergent ventricular stress induced by pulmonary hypertension) in the face of normal fibrinogen and platelet levels are key early features of severe pulmonary intravascular coagulopathy related to COVID-19. Extensive immunothrombosis over a wide pulmonary vascular territory without confirmation of COVID-19 viraemia in early disease best explains the adverse impact of male sex, hypertension, obesity, and diabetes on the prognosis of patients with COVID-19. The immune mechanism underlying diffuse alveolar and pulmonary interstitial inflammation in COVID-19 involves a MAS-like state that triggers extensive immunothrombosis, which might unmask subclinical cardiovascular disease and is distinct from the MAS and disseminated intravascular coagulation that is more familiar to rheumatologists.


COVID-19肺炎における肺血管内凝固障害の免疫機構 (Lancet Rheumatol.2020.05.07)

コロナウイルス感染症2019(COVID-19)患者に見られる肺病理は、広範な肺胞および間質性炎症に関連した著しい微小血管血栓症および出血を示し、マクロファージ活性化症候群(MAS)の特徴と共通点がある。我々は、COVID-19に関連する肺に限定された血管免疫病理像をびまん性肺血管内凝固症と呼ぶが、これは初期の段階では播種性血管内凝固とは異なる。血中のDダイマー濃度の上昇(フィブリノゲンおよび血小板濃度が正常であるにもかかわらず、線溶を伴う肺血管床血栓症を反映したもの)および心筋酵素濃度の上昇(肺高血圧によって誘発される心室ストレスを反映したもの)は、COVID-19に関連した重症肺血管内凝固症の初期の主要な特徴である。病状の初期段階でCOVID-19のウイルス血症を認めなくとも、広い肺血管領域にわたる広範な免疫血栓がCOVID-19を有する患者の予後に悪影響を及ぼす男性、高血圧、肥満、および糖尿病に関しても説明がつく。COVID-19のびまん性肺胞および肺の間質性炎症の根底にある免疫機構は、広範な免疫血栓症を誘発するマクロファージ活性化症候群様の状態が関与しており、不顕性の心血管疾患を顕在化しているかもしれない。またこの病態は、このリウマチ専門医がよく知るマクロファージ活性化症候群および播種性血管内凝固(DIC)とは異なるものである。

スクリーンショット 2020-05-12 17.40.17.png

(千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学 中田孝明 コメント):
専門医師・研究者向けの論文。COVID-19呼吸不全の病態には、免疫血栓・肺血管内凝固障害が関与していることを提示している。明瞭な病態生理は未だ不明であるが、現時点までの情報が整理されており、専門家向けのオススメの論文です。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2665991320301211?via%3Dihu

#DIC#マクロファージ活性化症候群#免疫血栓症#凝固障害#病態生理
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら