株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Pathogenesis and transmission of SARS-CoV-2 in golden hamsters (Nature 2020.05.14)

SARS-CoV-2, a novel coronavirus with high nucleotide identity to SARS-CoV and SARS-related coronaviruses detected in horseshoe bats, has spread across the world and impacted global healthcare systems and economy. A suitable small animal model is needed to support vaccine and therapy development. We report the pathogenesis and transmissibility of the SARS-CoV-2 in golden Syrian hamsters. Immunohistochemistry demonstrated viral antigens in nasal mucosa, bronchial epithelial cells, and in areas of lung consolidation on days 2 and 5 post-inoculation (dpi), followed by rapid viral clearance and pneumocyte hyperplasia on 7 dpi. Viral antigen was also found in the duodenum epithelial cells with viral RNA detected in feces. Notably, SARS-CoV-2 transmitted efficiently from inoculated hamsters to naïve hamsters by direct contact and via aerosols. Transmission via fomites in soiled cages was less efficient. Although viral RNA was continuously detected in the nasal washes of inoculated hamsters for 14 days, the communicable period was short and correlated with the detection of infectious virus but not viral RNA. Inoculated and naturally-infected hamsters showed apparent weight loss, and all animals recovered with the detection of neutralizing antibodies. Our results suggest that SARS-CoV-2 infection in golden Syrian hamsters resemble features found in humans with mild infections.
ゴールデンハムスターにおけるSARS-CoV-2(新型コロナウィルス)の病原性と伝播 (Nature 2020.05.14)

SARS-CoV-2は、カブトコウモリから検出されたSARS-CoVやSARS関連コロナウイルスと高いヌクレオチド同一性を持つ新規コロナウイルスであり、世界中に蔓延し、世界の医療システムや経済に影響を与えている。ワクチンや治療法の開発を支援するためには、適切な小動物モデルが必要である。我々は、ゴールデンシリアハムスターにおけるSARS-CoV-2の病原性と伝播性を報告する。免疫組織化学的には、接種後2日目と5日目に鼻粘膜、気管支上皮細胞、肺の浸潤影部分にウイルス抗原が認められ、その後7日目には急速なウイルスクリアランスと肺細胞の過形成が認められた。ウイルス抗原は十二指腸上皮細胞にも認められ、糞便中にウイルスRNAが検出された。特に、SARS-CoV-2は、接種したハムスターからナイーブハムスターに直接接触およびエアゾールを介して効率的に感染した。汚れたケージ内の糞便を介した感染は効率が悪かった。接種したハムスターの鼻洗浄液からはウイルスRNAが14日間連続して検出されたが,感染期間は短く,感染性ウイルスの検出と相関があったが,ウイルスRNAの検出とは相関がなかった。接種したハムスターと自然感染したハムスターでは明らかな体重減少が見られたが,中和抗体が検出された時点ですべての動物が回復した。我々の結果は、ゴールデンシリアハムスターにおけるSARS-CoV-2感染は、軽度の感染でヒトに見られる特徴に類似していることを示唆している。

(Smart119 スタッフコメント)
ゴールデンハムスターでは、ヒトに見られるSARS-CoV-2感染の特徴と類似した特徴が認められた。ゴールデンハムスターはワクチンや治療法の開発を支援するための小動物モデルとなり得る可能性が示唆されている(マウスではヒトと異なり、ACE2とSARS-CoV-2結合が同様におこならいという問題があり、研究には不適であり、適切な小動物モデルの探索が必要とされていました)。
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2342-5_reference.pdf


#小動物モデル
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら