株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Remdesivir for the Treatment of Covid-19 -- Preliminary Report (N Engl J Med. 2020.05.22)

BACKGROUND:
Although several therapeutic agents have been evaluated for the treatment of coronavirus disease 2019 (Covid-19), none have yet been shown to be efficacious.

METHODS:
We conducted a double-blind, randomized, placebo-controlled trial of intravenous remdesivir in adults hospitalized with Covid-19 with evidence of lower respiratory tract involvement. Patients were randomly assigned to receive either remdesivir (200 mg loading dose on day 1, followed by 100 mg daily for up to 9 additional days) or placebo for up to 10 days. The primary outcome was the time to recovery, defined by either discharge from the hospital or hospitalization for infection-control purposes only.

RESULTS:
A total of 1063 patients underwent randomization. The data and safety monitoring board recommended early unblinding of the results on the basis of findings from an analysis that showed shortened time to recovery in the remdesivir group. Preliminary results from the 1059 patients (538 assigned to remdesivir and 521 to placebo) with data available after randomization indicated that those who received remdesivir had a median recovery time of 11 days (95% confidence interval [CI], 9 to 12), as compared with 15 days (95% CI, 13 to 19) in those who received placebo (rate ratio for recovery, 1.32; 95% CI, 1.12 to 1.55; P<0.001). The Kaplan-Meier estimates of mortality by 14 days were 7.1% with remdesivir and 11.9% with placebo (hazard ratio for death, 0.70; 95% CI, 0.47 to 1.04). Serious adverse events were reported for 114 of the 541 patients in the remdesivir group who underwent randomization (21.1%) and 141 of the 522 patients in the placebo group who underwent randomization (27.0%).

CONCLUSIONS:
Remdesivir was superior to placebo in shortening the time to recovery in adults hospitalized with Covid-19 and evidence of lower respiratory tract infection.

レムデシビルのコビド-19治療薬-速報(N Engl J Med.2020.05.22)

背景
コロナウイルス感染症2019(Covid-19)の治療のためにいくつかの治療薬が評価されているが、未だ有効性が示さた治療薬はない。

方法
下気道病変の証拠があるCovid-19で入院した成人を対象に,レムデシビルの静脈内投与の二重盲検無作為化プラセボ対照試験を実施した。患者は、レムデシビル(1日目に200mgのローディング用量を投与し、その後、1日100mgを最大9日間投与)またはプラセボを最大10日間投与するように無作為に割り付けた。主要アウトカムは回復までの時間であり、退院または感染制御のみを目的とした入院のいずれかで定義した。

結果
合計1063人の患者が無作為化を受けた。データおよび安全性モニタリング委員会は、レムデシビル群で回復までの時間が短縮されたことを示した解析結果に基づいて、早期に結果の盲検化を解除することを推奨した。。無作為化後のデータが入手可能な1059人の患者(538人がレムデシビル群、521人がプラセボ群)の予備的な結果から、レムデシビル群の回復時間中央値は11日(95%信頼区間[CI]、9~12)であり、プラセボ群では15日(95%CI、13~19)であった(回復率比、1.32;95%CI、1.12~1.55;P<0.001)。14日目までの死亡率の Kaplan-Meier 推定値は、レムデシビル投与群で 7.1%、プラセボ投与群で 11.9%であった(死亡のハザード比、0.70;95% CI、0.47~1.04)。重篤な有害事象は、レムデシビル群541例中114例(21.1%)、プラセボ群522例中141例(27.0%)であった。

結論
成人のCovid-19下気道感染による入院患者では、レムデシビルはプラセボよりも回復までの時間を短縮する点で優れていた。

Remdesivir.png

(Smart119スタッフコメント)
COVID-19に対して、初めて抗ウイルス薬(レムデシビル)の有効性を示した論文。日本でも薬事承認されており、重症例に対して使用可能です。

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2007764

#レムデシビル#抗ウイルス薬
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら