株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Humoral Immune Response to SARS-CoV-2 in Iceland (N Eng J Med 2020.09.01)

ABSTRACT

BACKGROUND
Little is known about the nature and durability of the humoral immune response to infection with severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2).

METHODS
We measured antibodies in serum samples from 30,576 persons in Iceland, using six assays (including two pan-immunoglobulin [pan-Ig] assays), and we determined that the appropriate measure of seropositivity was a positive result with both pan-Ig assays. We tested 2102 samples collected from 1237 persons up to 4 months after diagnosis by a quantitative polymerase-chain-reaction (qPCR) assay. We measured antibodies in 4222 quarantined persons who had been exposed to SARS-CoV-2 and in 23,452 persons not known to have been exposed.

RESULTS
Of the 1797 persons who had recovered from SARS-CoV-2 infection, 1107 of the 1215 who were tested (91.1%) were seropositive; antiviral antibody titers assayed by two pan-Ig assays increased during 2 months after diagnosis by qPCR and remained on a plateau for the remainder of the study. Of quarantined persons, 2.3% were seropositive; of those with unknown exposure, 0.3% were positive. We estimate that 0.9% of Icelanders were infected with SARS-CoV-2 and that the infection was fatal in 0.3%. We also estimate that 56% of all SARS-CoV-2 infections in Iceland had been diagnosed with qPCR, 14% had occurred in quarantined persons who had not been tested with qPCR (or who had not received a positive result, if tested), and 30% had occurred in persons outside quarantine and not tested with qPCR.

CONCLUSIONS
Our results indicate that antiviral antibodies against SARS-CoV-2 did not decline within 4 months after diagnosis. We estimate that the risk of death from infection was 0.3% and that 44% of persons infected with SARS-CoV-2 in Iceland were not diagnosed by qPCR.

アイスランドにおけるSARS-CoV-2に対する免疫応答(N Eng J Med 2020.09.01)

概要

背景
SARS-CoV-2感染に対する免疫応答の性質と持続性についてはほとんど知られていない。

方法
アイスランドの 30,576 人から採取した血清サンプル中の抗体を 6 種類のアッセイ(2 種類のpan免疫グロブリン(pan-Ig)アッセイを含む)を用いて測定し、両方のpan-Igアッセイでの結果が陽性であった場合に、血清陽性と判断した。診断後4ヵ月以内の1237人から採取した2102検体を、定量的ポリメラーゼ連鎖反応(qPCR)アッセイで検査した。SARS-CoV-2 に曝露したことのある隔離者 4222 人と、曝露が不明な23,452 人の抗体を測定した。

結果
SARS-CoV-2 感染から回復した 1797 人のうち、検査を受けた 1215 人のうち 1107 人(91.1%)が血清陽性であった;2 種類の pan-Ig アッセイによる抗ウイルス抗体価は、qPCR による診断後 2 ヵ月間は上昇し、研究の残りの期間はプラトーであった。隔離された人のうち、2.3%が血清陽性であり、暴露が不明な人のうち、0.3%が陽性であった。アイスランド人の 0.9%が SARS-CoV-2 に感染し、0.3%が致死的であったと推定した。また、アイスランドにおけるすべての SARS-CoV-2 感染の 56%が qPCR で診断され、14%が qPCR 検査を受けていない(または検査を受けても陽性結果が得られなかった)隔離対象者で発生し、30%が隔離外かつ qPCR 検査を受けていない者で発生したと推定した。

結論
我々の研究結果は,SARS-CoV-2 に対する抗ウイルス抗体は診断後 4 ヵ月以内では低下しなかったことを示している。感染による死亡リスクは 0.3%であり、アイスランドの SARS-CoV-2 感染者の 44%は qPCR で診断されなかったと推定した。

humoral immune response figure2.png

https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa2026116?articleTools=true

#基礎研究#検査・診断
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら