株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Persistence of serum and saliva antibody responses to SARS-CoV-2 spike antigens in COVID-19 patients (Science Immunology 2020.10.08)

Abstract

While the antibody response to SARS-CoV-2 has been extensively studied in blood, relatively little is known about the antibody response in saliva and its relationship to systemic antibody levels. Here, we profiled by enzyme-linked immunosorbent assays (ELISAs) IgG, IgA and IgM responses to the SARS-CoV-2 spike protein (full length trimer) and its receptor-binding domain (RBD) in serum and saliva of acute and convalescent patients with laboratory-diagnosed COVID-19 ranging from 3-115 days post-symptom onset (PSO), compared to negative controls. Anti-SARS-CoV-2 antibody responses were readily detected in serum and saliva, with peak IgG levels attained by 16-30 days PSO. Longitudinal analysis revealed that anti-SARS-CoV-2 IgA and IgM antibodies rapidly decayed, while IgG antibodies remained relatively stable up to 105 days PSO in both biofluids. Lastly, IgG, IgM and to a lesser extent IgA responses to spike and RBD in the serum positively correlated with matched saliva samples. This study confirms that serum and saliva IgG antibodies to SARS-CoV-2 are maintained in the majority of COVID-19 patients for at least 3 months PSO. IgG responses in saliva may serve as a surrogate measure of systemic immunity to SARS-CoV-2 based on their correlation with serum IgG responses.

COVID-19患者におけるSARS-CoV-2スパイク抗原に対する血清および唾液中の抗体反応の持続性(Science Immunology 2020.10.08)


抄録

SARS-CoV-2に対する血液中の抗体反応は広く研究されているが、唾液中の抗体反応および全身の抗体レベルとの関係についてはほとんど知られていない。本研究において、我々は、検査で診断されたCOVID-19の急性および回復期患者の、血清および唾液中のSARS-CoV-2スパイクタンパク質(全長三量体)とその受容体結合ドメイン(RBD)に対するIgG、IgAおよびIgM応答を、陰性の対照群と比較して、症状発症後3~115日(PSO)の範囲で、酵素結合免疫吸着アッセイ(ELISA)によってプロファイリングした。抗SARS-CoV-2抗体反応は血清および唾液中で容易に検出され、IgGレベルのピークは症状発症後16~30日までに認められた。縦断的な分析では、抗SARS-CoV-2 IgA抗体とIgM抗体は急速に減衰し、IgG抗体は両方のバイオ流体で発症105日後まで比較的安定していたことが明らかになった。最後に、血清中のスパイクタンパク質および受容体結合ドメインに対するIgG、IgM、およびより少ない程度であるがIgAの反応は、対応する唾液サンプルと正の相関を示した。この研究は、SARS-CoV-2に対する血清および唾液中のIgG抗体が、COVID-19患者の大多数において、症状発症後少なくとも3ヶ月間維持されていることを裏付けた。唾液中のIgG応答は、血清IgG応答と相関することから、SARS-CoV-2に対する全身免疫の代理の尺度として役立つかもしれない。

Figure2 Persistence of antibodies in the serum of affected individuals.
Figure2.png

Figure3 A longitudinal analysis of IgG and IgA responses to the spike and RBD antigens of SARS-CoV2 in serum.
Persistence of serum and saliva antibody responses to SARS-CoV-2 spike antigens in COVID-19 patients (Science 2020.10.08)figure3.png

https://immunology.sciencemag.org/content/5/52/eabe5511

#基礎研究#病態
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら