株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Effect of Hydroxychloroquine in Hospitalized Patients with Covid-19 (N Eng J Med 2020.10.08 )

ABSTRACT


BACKGROUND

Hydroxychloroquine and chloroquine have been proposed as treatments for coronavirus disease 2019 (Covid-19) on the basis of in vitro activity and data from uncontrolled studies and small, randomized trials.

METHODS

n this randomized, controlled, open-label platform trial comparing a range of possible treatments with usual care in patients hospitalized with Covid-19, we randomly assigned 1561 patients to receive hydroxychloroquine and 3155 to receive usual care. The primary outcome was 28-day mortality.

RESULTS

The enrollment of patients in the hydroxychloroquine group was closed on June 5, 2020, after an interim analysis determined that there was a lack of efficacy. Death within 28 days occurred in 421 patients (27.0%) in the hydroxychloroquine group and in 790 (25.0%) in the usual-care group (rate ratio, 1.09; 95% confidence interval [CI], 0.97 to 1.23; P=0.15). Consistent results were seen in all prespecified subgroups of patients. The results suggest that patients in the hydroxychloroquine group were less likely to be discharged from the hospital alive within 28 days than those in the usual-care group (59.6% vs. 62.9%; rate ratio, 0.90; 95% CI, 0.83 to 0.98). Among the patients who were not undergoing mechanical ventilation at baseline, those in the hydroxychloroquine group had a higher frequency of invasive mechanical ventilation or death (30.7% vs. 26.9%; risk ratio, 1.14; 95% CI, 1.03 to 1.27). There was a small numerical excess of cardiac deaths (0.4 percentage points) but no difference in the incidence of new major cardiac arrhythmia among the patients who received hydroxychloroquine.

CONCLUSIONS

Among patients hospitalized with Covid-19, those who received hydroxychloroquine did not have a lower incidence of death at 28 days than those who received usual care.

Covid-19入院患者におけるヒドロキシクロロキンの効果(N Eng J Med 2020.10.08)


概要


背景

ヒドロキシクロロキンおよびクロロキンは、in-vitroにおける活性および非対照試験および小規模無作為化試験からのデータに基づいて、Covid-19の治療薬として提案されてきた。

方法

この無作為化比較対照オープンラベルプラットフォーム試験では、Covid-19で入院した患者を対象に、可能な範囲の治療を通常のケアと比較し、ヒドロキシクロロキン投与群に1561人、通常のケア群に3155人を無作為に割り付けた。主要アウトカムは28日間の死亡率であった。

結果

ヒドロキシクロロキン群は、中間解析の結果、有効性が不十分と判断されたため、2020年6月5日に登録を終了した。28日以内の死亡は、ヒドロキシクロロキン群で421人(27.0%)、通常治療群で790人(25.0%)に発生した(死亡率比、1.09;95%信頼区間[CI]、0.97~1.23;P=0.15)。一貫した結果が、あらかじめ指定されたすべての患者のサブグループで認められた。この結果から、ヒドロキシクロロキン群の患者は、通常治療群の患者よりも28日以内に生きたまま退院する可能性が低いことが示唆された(59.6% vs. 62.9%;率比、0.90;95%CI、0.83~0.98)。ベースライン時に機械換気を受けていなかった患者では、ヒドロキシクロロキン群では侵襲的機械換気または死亡の頻度が高かった(30.7% vs. 26.9%;リスク比、1.14;95% CI、1.03~1.27)。心臓死の数値的な過多(0.4%ポイント)は少なかったが、ヒドロキシクロロキンを投与された患者では新たな大規模心筋不整脈の発生率に差はなかった。

結論

Covid-19で入院した患者のうち、ヒドロキシクロロキンを投与された患者では、通常のケアを受けた患者と比べて28日目の死亡率の低下は認められなかった。

Effect of Hydroxychloroquine in Hospitalized Patients with Covid-19.fogure2.png

https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa2022926?articleTools=true

#治療薬・治療法#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら