株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

SARS-CoV-2 Neutralizing Antibody LY-CoV555 in Outpatients with Covid-19 (The New England Journal Of Medicine 2020.10.28)

Abstract


BACKGROUND

Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) causes coronavirus disease 2019 (Covid-19), which is most frequently mild yet can be severe and life-threatening. Virus-neutralizing monoclonal antibodies are predicted to reduce viral load, ameliorate symptoms, and prevent hospitalization.

METHODS

In this ongoing phase 2 trial involving outpatients with recently diagnosed mild or moderate Covid-19, we randomly assigned 452 patients to receive a single intravenous infusion of neutralizing antibody LY-CoV555 in one of three doses (700 mg, 2800 mg, or 7000 mg) or placebo and evaluated the quantitative virologic end points and clinical outcomes. The primary outcome was the change from baseline in the viral load at day 11. The results of a preplanned interim analysis as of September 5, 2020, are reported here.

RESULTS

At the time of the interim analysis, the observed mean decrease from baseline in the log viral load for the entire population was −3.81, for an elimination of more than 99.97% of viral RNA. For patients who received the 2800-mg dose of LY-CoV555, the difference from placebo in the decrease from baseline was −0.53 (95% confidence interval [CI], −0.98 to −0.08; P=0.02), for a viral load that was lower by a factor of 3.4. Smaller differences from placebo in the change from baseline were observed among the patients who received the 700-mg dose (−0.20; 95% CI, −0.66 to 0.25; P=0.38) or the 7000-mg dose (0.09; 95% CI, −0.37 to 0.55; P=0.70). On days 2 to 6, the patients who received LY-CoV555 had a slightly lower severity of symptoms than those who received placebo. The percentage of patients who had a Covid-19-related hospitalization or visit to an emergency department was 1.6% in the LY-CoV555 group and 6.3% in the placebo group.

CONCLUSIONS

In this interim analysis of a phase 2 trial, one of three doses of neutralizing antibody LY-CoV555 appeared to accelerate the natural decline in viral load over time, whereas the other doses had not by day 11.



SARS-CoV-2中和抗体LY-CoV555のCovid-19外来患者における使用例 (The New England Journal Of Medicine 2020.10.28)



抄録


背景

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)は、Covid-19を引き起こし、軽度であることがほとんどではあるものの、重症化して生命を脅かすこともある。ウイルス中和モノクローナル抗体は、ウイルス負荷を軽減し、症状を改善し、入院治療を予防することが予測されている。

方法

軽度または中等度の Covid-19 と診断されたばかりの患者を対象とした現在進行中の第 2 相試験では、452 例の患者に対し、中和抗体 LY-CoV555 を 3 種類の用量(700 mg、2800 mg、7000 mg)のうちのどれかで単回静脈内投与する郡とプラセボ郡のいずれかに無作為に割り付け、定量的なウイルス学的エンドポイントと臨床転帰を評価した。主要アウトカムは、ウイルス負荷の11日目時点でみられたベースラインからの変化であった。2020年9月5日時点で予定されている中間解析の結果をここに報告する。

結果

中間解析の時点で観察された、全集団の対数ウイルス負荷のベースラインからの減少の平均値は-3.81であり、99.97%以上のウイルスRNAが除去されていた。LY-CoV555を2800mg投与された患者では、ベースラインからの減少におけるプラセボとの差は-0.53(95%信頼区間[CI]、-0.98~-0.08;P=0.02)であり、ウイルス負荷は3.4倍低下していた。700mg投与群(-0.20;95%信頼区間[CI]、-0.66~0.25;P=0.38)または7000mg投与群(0.09;95%CI、-0.37~0.55;P=0.70)では、ベースラインからの変化におけるプラセボとの差はよりわずかなものであった。2 日目から 6 日目の期間では、LY-CoV555 を投与された患者は、プラセボを投与された患者に比べて症状の重症度がわずかに低かった。Covid-19に関連した入院または救急外来を受診した患者の割合は、LY-CoV555群で1.6%、プラセボ群で6.3%であった。

結論

第2相試験のこの中間解析では、中和抗体LY-CoV555の3つの用量のうちの1つは、時間の経過とともにウイルス負荷の自然減少を促進するように見えたが、他の用量は11日目までにそうなることはなかった。



https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2029849?query=TOC

#ウイルス学・疫学#治療薬・治療法#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら