株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Effectiveness of convalescent plasma therapy in severe COVID-19 patients. (Natl Acad Sci U S A. 2020.04.06)

(Abstract)
Currently, there are no approved specific antiviral agents for novel coronavirus disease 2019 (COVID-19). In this study, 10 severe patients confirmed by real-time viral RNA test were enrolled prospectively. One dose of 200 mL of convalescent plasma (CP) derived from recently recovered donors with the neutralizing antibody titers above 1:640 was transfused to the patients as an addition to maximal supportive care and antiviral agents. The primary endpoint was the safety of CP transfusion. The second endpoints were the improvement of clinical symptoms and laboratory parameters within 3 d after CP transfusion. The median time from onset of illness to CP transfusion was 16.5 d. After CP transfusion, the level of neutralizing antibody increased rapidly up to 1:640 in five cases, while that of the other four cases maintained at a high level (1:640). The clinical symptoms were significantly improved along with increase of oxyhemoglobin saturation within 3 d. Several parameters tended to improve as compared to pretransfusion, including increased lymphocyte counts (0.65 × 109/L vs. 0.76 × 109/L) and decreased C-reactive protein (55.98 mg/L vs. 18.13 mg/L). Radiological examinations showed varying degrees of absorption of lung lesions within 7 d. The viral load was undetectable after transfusion in seven patients who had previous viremia. No severe adverse effects were observed. This study showed CP therapy was well tolerated and could potentially improve the clinical outcomes through neutralizing viremia in severe COVID-19 cases. The optimal dose and time point, as well as the clinical benefit of CP therapy, needs further investigation in larger well-controlled trials.

重症COVID-19(新型コロナウイルス感染症)患者における回復期血漿療法の有効性。 (Natl Acad Sci U S A. 2020.04.06)

(要約)
現在,COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に対して承認された特定の抗ウイルス薬はない.本研究では、リアルタイムウイルスRNA検査で確認された重症患者10例が検証された。中和抗体価が1:640以上に最近回復したドナーから採取した200mLの回復期血漿(CP)を1回分輸血し、最大支持治療と抗ウイルス剤治療を行っている患者に投与した。主要評価項目(endpoint)はCP輸血の安全性であった。第 2 次評価項目は CP 輸血後 3 日以内の臨床症状および臨床検査値の改善であった。発症からCP輸血までの期間の中央値は16.5日であった。CP輸血後の中和抗体濃度は5例で1:640まで急速に上昇したが,他の4例では高値を維持した(1:640)。リンパ球数の増加(0.65×109/L vs. 0.76×109/L)やC反応性蛋白の減少(55.98 mg/L vs. 18.13 mg/L)などの指標は輸血前と比較して改善傾向にあった。放射線検査では,7日以内に肺病変の吸収の程度にばらつきが認められた.重篤な副作用は認められなかった。本試験では,CP療法の忍容性は良好であり,重症COVID-19症例におけるウイルス血症を中和することで臨床成績を改善する可能性があることが示された。最適な投与量や投与時期、CP療法の臨床的有用性については、より大規模でコントロールされた臨床試験での検討が必要である。

(Smart119社コメント)
本論文の重症患者10例は、武漢の3つの病院に収容された患者のものです。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=32253318

#ICU#回復期血漿療法#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら