株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Hospital-Wide SARS-CoV-2 Antibody Screening in 3056 Staff in a Tertiary Center in Belgium (JAMA 2020.06.15)

Results (Excerpt)
All 4125 staff were invited and 3056 (74%) partici- pated (306 physicians, 1266 nurses, 292 paramedical staff, 555 technical staff, 445 administrative staff, and 192 others, including students and volunteers). At least one-third of those not tested were individuals not at work during the period. Overall, 197 staff (6.4% [95% CI, 5.5%-7.3%]) had IgG antibodies for SARS-CoV-2. Age and sex were not statisti- cally significantly different among staff with or without antibodies (mean age, 39.5 [SD, 13.1] vs 41.3 [SD, 12.4] years; 38/197 [19%] vs 614/2859 [21%] men). Being involved in clinical care, having worked during the lockdown phase, being involved in care for patients with COVID-19, and exposure to COVID-19-positive coworkers were not sta- tistically significantly associated with seroprevalence (Figure 2A). In contrast, having a household contact with suspected or confirmed COVID-19 was associated with anti- body positivity (81/593 [13.7%] with household contacts vs 116/2435 [4.8%] without household exposure; P < .001), with an odds ratio of 3.15 (95% CI, 2.33-4.25).
A high proportion of staff mentioned at least 1 prior symptom (2294/3052 [75%]). Of those with antibodies, 30 of 197 (15%) reported no symptoms. Prior anosmia was associated with the presence of antibodies, with an odds ratio of 7.78 (95% CI, 5.22-11.53), as well as fever and cough (Figure 2B).

ベルギーの3次医療施設の3056名の職員を対象とした病院全体でのSARS-CoV-2抗体スクリーニング(JAMA 2020.06.15)
結果(抜粋)
全職員4125名に依頼し3056名(74%)が参加した(医師306名、看護師1266名、救急隊292名、技術スタッフ555名、事務スタッフ445名、その他192名(学生やボランティアを含む))。検査を受けていない人のうち、少なくとも3分の1は、その期間中に仕事をしていない人であった。全体で197名のスタッフ(6.4%[95%CI、5.5%~7.3%])がSARS-CoV-2に対するIgG抗体を有していた。年齢および性別は、抗体のある職員とない職員では統計学的に有意な差はなかった(平均年齢、39.5[SD、13.1]対41.3[SD、12.4]年;38/197[19%]対614/2859[21%]男性)。臨床業務に関与していること、ロックダウン期間中に働いていたこと、COVID-19患者のケアに関与していたこと、およびCOVID-19陽性の同僚との接触は、抗体陽性と統計学的に有意に関連しなかった(図2A)。対照的に、COVID-19が疑われるまたは確認されたCOVID-19の家庭接触があることは、抗体陽性と関連していた(家庭接触あり81/593[13.7%] vs 家庭接触なし116/2435[4.8%];P<0.001)、オッズ比は3.15(95%CI、2.33~4.25)であった。
スタッフの多くが、過去になくとも1つの症状を自覚していた(2294/3052 [75%])。抗体を持っている人のうち、197人中30人(15%)が無症状と報告していた。嗅覚障害は抗体陽性と関連しており、オッズ比は7.78(95%CI、5.22~11.53)であり、発熱や咳とも関連していた(図2B)]
covid19-antibody1.png

covid19-antibody2.png

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2767382

#抗体検査#医療従事者#集団検査#スクリーニング検査
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら