株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Challenges of "Return to Work" in an Ongoing Pandemic (N Engl J Med. 2020.06.08)

(Excerpt)
"Low-Tech" Prevention Measures in Daily Operations
Throughout the country, many industries, services, and offices that are deemed to represent "essential operations" under relevant federal guidance and state public health orders have remained open, including hospitals and some clinics, in which the services provided require personal attendance and close contact. Use of personal protective equipment and environmental and sanitation controls in these settings have limited the acquisition of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) infection by these workers. Indeed, there are multiple low-tech solutions to prevent transmission, including deferral from attending work or public venues by those who feel unwell, frequent hand washing, use of masks of appropriate design and manufacture, and practices of avoiding as far as possible close physical contact with others (Table 1). These measures are labor-intensive, requiring that individual workers and customers take protective actions in real time, and proper adherence requires active monitoring of workplace or public behavior. To ensure adherence, imposition of corrective actions may be warranted, such as employee discipline or exclusion of nonadherent persons from a physical facility. Furthermore, to encourage hourly workers to defer from attending work when ill, employers have found it necessary to offer or extend sick-leave benefits. Although not legally required, this represents ethical employer behavior to accommodate illness and thus prevent transmission.
In commercial and other public settings, operational considerations and concerns for transmission risk are broad and encompass areas traditionally not within management's ken or responsibility. Resumption of day care and school operations is a crucial factor, because many employees are simply unable, given family circumstances, to return to work if education and day care for children and elderly or disabled family members remain closed. In revising public health orders, state and local governments therefore must coordinate reopening of industry with resumption of schools, day care, and day treatment. Transmission concerns include conditions of transportation (e.g., mass transit) to and from work, as well as social, religious, and leisure activities of workers outside of work hours, in which failure to maintain personal protective measures can put the person at risk for infection. Transmission risk from outside of the workplace or institution is then transferred into it when the person returns on subsequent days for work or study. To assess these risks, many essential-workplace employers that have continued operations throughout the pandemic have administered daily health questionnaires, with review of symptoms suggestive of Covid-19 (Table 2) and inquiries about household and social contacts with a recent diagnosis of infection or presumed infection. Some employers and institutions have adopted pre-entry temperature screening with the use of equipment that scans foreheads or measures body temperatures with ease of use that prevents undue delays and entry bottlenecks. Positive responses on daily questionnaires, or an elevated body temperature indicated by electronic scanning, lead to detailed analysis of whether the employee, visitor, or student presents a risk to others meriting exclusion from entry and referral to testing and an at-home quarantine period. In residential settings, such as residential colleges or schools, quarantine may require that the institution itself provide facilities for this purpose, unless the person can be safely referred or transferred to a personal home setting.

進行中のパンデミックにおける「職場復帰」の課題 (N Engl J Med. 2020.06.08)

(抜粋)
日常業務における「ローテク」防止策

連邦政府の指導や州の公衆衛生命令の下で「必要不可欠な業務」とみなされている多くの産業、サービス、およびオフィスは、病院や一部の診療所を含め、全国的に営業を継続している。そのうち病院や診療所で提供されるサービスでは、個人に付き添って看護したり、近い距離で接触したりすることが必要である。このような環境で個人用保護具を使用し、環境および衛生管理を行うことで、これらの労働者への重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染を制限できている。実際、体調が悪いと感じる人が出勤したり公共の場へ赴くことを控える、頻繁に手洗いをする、適切に設計および製造されたマスクを使用する、他人との身体的接触を可能な限り避ける習慣など、感染を防ぐためのローテクな解決策が複数存在する(表1)。これらの対策は、個々の労働者や顧客がリアルタイムで防護措置を講じる必要があり、その遵守には職場や公共の場での行動を積極的に監視する必要がある。遵守を確実にするためには、従業員の懲戒処分や非遵守者の施設からの排除などの是正措置が必要となる場合がある。さらに、時給労働者が病気の時に出勤を控えるよう促すために、雇用者は病気休暇の手当を支給したり、延長したりする必要があることがわかってきた。法的には要求されていないが、これらは病気を受け入れて感染を防ぐための雇用者の倫理的行動である。 

商業施設やその他の公共の場では、業務上の考慮事項や感染リスクに関する懸念事項は多岐にわたり、従来の経営者の権限や責任の範囲外の分野にまで及んでいる。なぜなら、子供や高齢者、障害者のための教育施設やデイケア施設が閉鎖されたままであれば、多くの従業員は家庭の事情から、仕事に復帰することができないからである。したがって、公衆衛生命令を改正する際には、州および地方自治体は、産業の再開を、学校およびデイケアの再開と調整しなければならない。感染の懸念には、通勤の交通手段(例えば、公共交通機関)の状況、および労働者の就業時間外の社会的、宗教的、余暇活動が含まれ、これらの状況下で個人的な保護手段を維持していない場合には、感染のリスクにさらされる可能性がある。職場や施設の外からの感染リスクは、その後、仕事や勉強のために戻ってきたときに職場や施設に移っていく。これらのリスクを評価するために、パンデミック期間中も事業を継続していた多くの「必要不可欠な業務」の雇用主たちは、毎日体調に関するアンケートを実施し、Covid-19を示唆する症状を調べ(表2)、最近感染の診断を受けた、または感染の疑いがあると思われる人との接触の有無について質問をしている。一部の事業主や施設では、発見の遅れと感染拡大を防ぐため、簡単におでこをスキャンしたり体温を測定したりできる機器を用いた入館前の体温スクリーニングを導入している。毎日のアンケートで陽性の回答があった場合、または電子スキャンで体温の上昇が示された場合、その従業員、訪問者、または学生が他の人に危険を及ぼす可能性があるかどうかを詳細に分析し、施設への立ち入りを禁止して、検査および自宅隔離を指示する。全寮制の大学や学校などの居住環境では、個人の家庭環境に安全に紹介または送ることができない限り、施設自体が隔離のための設備を提供する必要がある場合がある。

challenges_of_return_to_work_in_an_ongoing_pandemic_n_engl_j_med_20200608_table1.png
challenges_of_return_to_work_in_an_ongoing_pandemic_n_engl_j_med_20200608_table2.pngのサムネイル画像

https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMsr2019953?articleTools=true

#基礎研究#感染伝播・予防策
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら