株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Comparing SARS-CoV-2 with SARS-CoV and influenza pandemics (Lancet. 2020.07.03)

Summary
The objective of this Personal View is to compare transmissibility, hospitalisation, and mortality rates for severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) with those of other epidemic coronaviruses, such as severe acute respiratory syndrome coronavirus (SARS-CoV) and Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV), and pandemic influenza viruses. The basic reproductive rate (R0) for SARS-CoV-2 is estimated to be 2·5 (range 1·8-3·6) compared with 2·0-3·0 for SARS-CoV and the 1918 influenza pandemic, 0·9 for MERS-CoV, and 1·5 for the 2009 influenza pandemic. SARS-CoV-2 causes mild or asymptomatic disease in most cases; however, severe to critical illness occurs in a small proportion of infected individuals, with the highest rate seen in people older than 70 years. The measured case fatality rate varies between countries, probably because of differences in testing strategies. Population-based mortality estimates vary widely across Europe, ranging from zero to high. Numbers from the first affected region in Italy, Lombardy, show an all age mortality rate of 154 per 100 000 population. Differences are most likely due to varying demographic structures, among other factors. However, this new virus has a focal dissemination; therefore, some areas have a higher disease burden and are affected more than others for reasons that are still not understood. Nevertheless, early introduction of strict physical distancing and hygiene measures have proven effective in sharply reducing R0 and associated mortality and could in part explain the geographical differences.

SARS-CoV-2と、SARS-CoVや世界的流行となったインフルエンザとの比較 (Lancet. 2020.07.03)

要約
本論文の目的は、SARS-CoV-2の感染力、入院率、死亡率を、SARS-CoVやMERS-CoVなどの他の流行性コロナウイルスや、世界的に流行したインフルエンザウイルスの感染力と比較することである。SARS-CoV-2の基本再生産数(R0)は2.5(範囲1.8-3.6)と推定されているが、対してSARS-CoVと1918年のインフルエンザ大流行では2.0-3.0、MERS-CoVでは0.9、2009年のインフルエンザ大流行では1.5である。SARS-CoV-2はほとんどの症例で軽症または無症候性であるが、ごく一部の感染者では重篤化し、その割合は70歳以上の高齢者で最も高い。測定された死亡率は国によって異なるが、これはおそらく検査方法の違いによるものと思われる。母集団ベースの死亡率の推定値は、ヨーロッパ各地で大きく異なり、ゼロから高値まで様々である。イタリアで最初に感染が始まったロンバルディア州では、全年齢死亡率は人口10万人あたり154人であることが示されている。差が生まれる原因は、他の要因の中でも特に人口構造の違いによるものである可能性が高い。しかし、この新しいウイルスは局所的に拡散しているため、まだ解明されていない理由により、一部の地域では他の地域に比べて疾病負荷が大きく、大きな影響を受けている。それでもやはり、厳格な物理的距離の確保と衛生対策を早期に導入することは、R0とそれに伴う死亡率を急激に減少させるのに有効であることが証明されており、地域による違いを説明できる可能性がある。

image (5).png
image (4).png
image (3).png

https://www.thelancet.com/journals/laninf/article/PIIS1473-3099(20)30484-9/fulltext

#Reproduction Number (Rt)#SARS-CoV#インフルエンザ
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら