株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Pathophysiology, Transmission, Diagnosis, and Treatment of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) (JAMA. 2020.07.10)

Abstract


Importance
The coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic, due to the novel severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2), has caused a worldwide sudden and substantial increase in hospitalizations for pneumonia with multiorgan disease. This review discusses current evidence regarding the pathophysiology, transmission, diagnosis, and management of COVID-19.

Observations
SARS-CoV-2 is spread primarily via respiratory droplets during close face-to-face contact. Infection can be spread by asymptomatic, presymptomatic, and symptomatic carriers. The average time from exposure to symptom onset is 5 days, and 97.5% of people who develop symptoms do so within 11.5 days. The most common symptoms are fever, dry cough, and shortness of breath. Radiographic and laboratory abnormalities, such as lymphopenia and elevated lactate dehydrogenase, are common, but nonspecific. Diagnosis is made by detection of SARS-CoV-2 via reverse transcription polymerase chain reaction testing, although false-negative test results may occur in up to 20% to 67% of patients; however, this is dependent on the quality and timing of testing. Manifestations of COVID-19 include asymptomatic carriers and fulminant disease characterized by sepsis and acute respiratory failure. Approximately 5% of patients with COVID-19, and 20% of those hospitalized, experience severe symptoms necessitating intensive care. More than 75% of patients hospitalized with COVID-19 require supplemental oxygen. Treatment for individuals with COVID-19 includes best practices for supportive management of acute hypoxic respiratory failure. Emerging data indicate that dexamethasone therapy reduces 28-day mortality in patients requiring supplemental oxygen compared with usual care (21.6% vs 24.6%; age-adjusted rate ratio, 0.83 [95% CI, 0.74-0.92]) and that remdesivir improves time to recovery (hospital discharge or no supplemental oxygen requirement) from 15 to 11 days. In a randomized trial of 103 patients with COVID-19, convalescent plasma did not shorten time to recovery. Ongoing trials are testing antiviral therapies, immune modulators, and anticoagulants. The case-fatality rate for COVID-19 varies markedly by age, ranging from 0.3 deaths per 1000 cases among patients aged 5 to 17 years to 304.9 deaths per 1000 cases among patients aged 85 years or older in the US. Among patients hospitalized in the intensive care unit, the case fatality is up to 40%. At least 120 SARS-CoV-2 vaccines are under development. Until an effective vaccine is available, the primary methods to reduce spread are face masks, social distancing, and contact tracing. Monoclonal antibodies and hyperimmune globulin may provide additional preventive strategies.

Conclusions and Relevance
As of July 1, 2020, more than 10 million people worldwide had been infected with SARS-CoV-2. Many aspects of transmission, infection, and treatment remain unclear. Advances in prevention and effective management of COVID-19 will require basic and clinical investigation and public health and clinical interventions.

COVID-19の病態生理・感染伝播・診断・治療 (JAMA. 2020.07.10)

概要


重要性 
SARS-CoV-2による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにより、多臓器疾患を伴う肺炎による入院が、世界で急激に、大幅に増加している。本論文ではCOVID-19の病態生理、感染伝播、診断、管理に関する現在のエビデンスを論じる。

観察結果 
SARS-CoV-2 は主に、顔と顔が近づいた際の飛沫を介して感染する。感染は、無症候性、発症前、症候性のウイルス保有者によって拡大する。感染してから症状が発現するまでの平均期間は5日で、症状を発症した人の97.5%が11.5日以内に症状を発症している。最も一般的な症状は、発熱、乾咳、息切れである。レントゲン異常や、リンパ球減少症やLDHの上昇などの検査値の異常が一般的だが、非特異的である。診断はRT-PCRによるSARS-CoV-2の検出によって行われるが、患者の20~67%で偽陰性が生じることがある;しかし、これは検査の質と時期に左右される。COVID-19の症状には、無症候性キャリア、および敗血症や急性呼吸不全(ARF)を特徴とする重篤な患者が含まれる。COVID-19患者の約5%、および入院患者の20%は、集中治療を必要とする重篤な症状を呈する。COVID-19で入院した患者の75%以上が酸素投与を必要とする。COVID-19患者の治療には、低酸素血症を伴う急性呼吸不全に対する支持療法の最善の方法を実施することが含まれる。最新データによると、酸素療法を必要とする患者では、デキサメタゾン療法により、通常の治療に比べて28日間の死亡率が減少し(21.6%対24.6%;年齢調整率比、0.83[95%信頼区間、0.74-0.92])、レムデシビルにより回復までの時間(退院または酸素投与の必要がなくなる)が15日から11日に短縮されることが示されている。COVID-19患者103人を対象とした無作為化試験では、回復期血漿は回復までの時間を短縮しなかった。現在は、抗ウイルス療法、免疫調節療法、抗凝固療法の試験が行われている。COVID-19の致命率は年齢によって大きく異なり、米国では5~17歳では1000例あたり0.3例、85歳以上では1000例あたり304.9例となっている。集中治療室に入院した患者では、致命率は40%に達する。少なくとも120種類のSARS-CoV-2ワクチンが開発中である。効果的なワクチンが開発されるまでの間、感染拡大を抑えるための主な方法は、フェイスマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保、接触者の追跡である。モノクローナル抗体および高力価免疫グロブリンは、さらなる予防戦略となる可能性がある。

結論と重要性  
2020年7月1日現在、世界で1,000万人以上がSARS-CoV-2に感染している。伝染、感染、治療の多くの側面が不明のままである。COVID-19の予防と効果的な管理の進歩には、基礎的・臨床的調査と公衆衛生・臨床的介入が必要である。

Pathophysiology, Transmission, Diagnosis, and Treatment of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).box1.png
Pathophysiology, Transmission, Diagnosis, and Treatment of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).box2.png
Pathophysiology, Transmission, Diagnosis, and Treatment of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).figure1.png
Pathophysiology, Transmission, Diagnosis, and Treatment of Coronavirus Disease 2019 (COVID-19).figure2.png

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2768391

#ICU#レムデシビル#回復期血漿療法#感染伝播#疫学#症状
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら