株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Prevalence of Asymptomatic SARS-CoV-2 Infection (Ann Intern Med. 2020.06.03)

Abstract
Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) has spread rapidly throughout the world since the first cases of coronavirus disease 2019 (COVID-19) were observed in December 2019 in Wuhan, China. It has been suspected that infected persons who remain asymptomatic play a significant role in the ongoing pandemic, but their relative number and effect have been uncertain. The authors sought to review and synthesize the available evidence on asymptomatic SARS-CoV-2 infection. Asymptomatic persons seem to account for approximately 40% to 45% of SARS-CoV-2 infections, and they can transmit the virus to others for an extended period, perhaps longer than 14 days. Asymptomatic infection may be associated with subclinical lung abnormalities, as detected by computed tomography. Because of the high risk for silent spread by asymptomatic persons, it is imperative that testing programs include those without symptoms. To supplement conventional diagnostic testing, which is constrained by capacity, cost, and its one-off nature, innovative tactics for public health surveillance, such as crowdsourcing digital wearable data and monitoring sewage sludge, might be helpful.

Key Summary Points
The likelihood that approximately 40% to 45% of those infected with SARS-CoV-2 will remain asymptomatic suggests that the virus might have greater potential than previously estimated to spread silently and deeply through human populations.

Asymptomatic persons can transmit SARS-CoV-2 to others for an extended period, perhaps longer than 14 days.

The absence of COVID-19 symptoms in persons infected with SARS-CoV-2 might not necessarily imply an absence of harm. More research is needed to determine the significance of subclinical lung changes visible on computed tomography scans.

The focus of testing programs for SARS-CoV-2 should be substantially broadened to include persons who do not have symptoms of COVID-19.

In the early months of the coronavirus disease 2019 (COVID-19) pandemic, an iconic image has been the "proned" patient in intensive care, gasping for breath, in imminent need of artificial ventilation. This is the deadly face of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2), which as of 26 May 2020 had claimed more than 348 000 lives worldwide. But it is not the only face, because SARS-CoV-2 now seems to have a dual nature: tragically lethal in some persons and surprisingly benign in others.

Since February 2020, there have been reports of persons who were infected with SARS-CoV-2 but did not develop symptoms of COVID-19. In some cases, the viral load of such asymptomatic persons has been equal to that of symptomatic persons, suggesting similar potential for viral transmission. The prevalence of asymptomatic SARS-CoV-2 infection, however, has remained uncertain.
We sought to review and synthesize the available evidence on testing for SARS-CoV-2 infection, carried out by real-time reverse transcriptase polymerase chain reaction using nasopharyngeal swabs in all studies that specified the method of testing.

Most data from the 16 cohorts in this narrative review are not the output of large, carefully designed studies with randomly selected, representative samples. They do not generally purport to depict anything more than certain circumscribed cohorts at specific moments in time. We have not attempted to pool them for the purposes of statistical analysis. When viewed as a collection, though--as a kind of mosaic or patchwork--these data may offer potentially valuable insights into SARS-CoV-2 incidence and the highly variable effect of infection.

The difficulty of distinguishing asymptomatic persons from those who are merely presymptomatic is a stumbling block. To be clear, the asymptomatic individual is infected with SARS-CoV-2 but will never develop symptoms of COVID-19. In contrast, the presymptomatic individual is similarly infected but eventually will develop symptoms. The simple solution to this conundrum is longitudinal testing--that is, repeated observations of the individual over time. Unfortunately, only 5 of our cohorts include longitudinal data. We must therefore acknowledge the possibility that some of the proportions of asymptomatic persons are lower than reported.

無症候性SARS-CoV-2感染の有病率 (Ann Intern Med. 2020.06.03)

概要
2019年12月に中国・武漢でCOVID-19の最初の症例が確認されて以来、SARS-CoV-2は世界中で急速に流行している。現在進行中のパンデミックにおいて、無症候性の感染者による感染拡大への関与が疑われているが、その相対的な数や影響は不明である。著者らは、無症候性のSARS-CoV-2感染に関する利用可能なエビデンスをレビューし、総合的に検討した。無症候性の感染者はSARS-CoV-2感染の約40%から45%を占めているようであり、彼らはウイルスを長期間、おそらく14日以上にわたって他の人に感染させることができる。無症候性の感染は、CTで検出される不顕性の肺の異常と関連している可能性がある。無症候性感染者による無症候性感染のリスクが高いため、検査プログラムには無症候性感染者を含めることが不可欠である。容量、コスト、およびその単発性に制約のある従来の診断検査を補完するためには、デジタルウェアラブルデータのクラウドソーシングや下水汚泥のモニタリングなど、公衆衛生監視のための革新的な戦術が有用であるかもしれない。

重要なまとめポイント
SARS-CoV-2に感染した人の約40%から45%が無症状である可能性があることから、このウイルスは、これまで推定されていた以上に、人の集団を介して静かに深く拡散する可能性があることが示唆されている。

無症状の人は、SARS-CoV-2を長期間、おそらく14日以上にわたって他人に感染させることができる。

SARS-CoV-2に感染した人にCOVID-19の症状がないからといって、必ずしも害がないとは限らない。CTスキャンで見られる不顕性の肺の変化の重要性を判断するためには、さらなる研究が必要である。

SARS-CoV-2の検査プログラムの焦点は、COVID-19の症状を持たない人も含めて大幅に拡大すべきである。

COVID-19パンデミックの初期の数ヶ月間、象徴的であったイメージは、集中治療室で息を切らし、人工換気を切に必要性とした「苦しむ」患者の姿であった。これは、2020年5月26日の時点で世界で348,000人以上の命を奪ったSARS-CoV-2の致命的な側面の顔である。しかしそれは唯一の顔ではない。というのも、SARS-CoV-2は、ある人には悲劇的に致死的で、ある人には驚くほど良性であるという二面性を持っているように思われるからである。

2020年2月以降、SARS-CoV-2に感染したもののCOVID-19の症状を発症しなかった人々の報告がされている。いくつかのケースでは、このような無症候性感染者のウイルス量が症候性感染者のウイルス量と同等であったことから、同程度のウイルス感染の可能性が示唆されている。しかし、無症候性SARS-CoV-2感染の有病率は不明のままである。

我々は、検査方法を明示しているすべての研究のうち、鼻咽頭スワブを用いたリアルタイムでのRT-PCRによるSARS-CoV-2感染症の検査について、利用可能なエビデンスをレビューし、総合的に検討した。

このナラティブレビューの16のコホートからのデータのほとんどは、無作為に選ばれた代表的なサンプルを用いて慎重に設計された大規模な研究から得られたものではない。これらの研究は一般的に、特定の時期の特定のコホートを描写するものにすぎない。また、統計的分析を目的として、これらのデータを利用しようともしていない。しかし、これらのデータをモザイクやパッチワークのようなものとして見ると、SARS-CoV-2の発生率や、変化する感染の影響について、貴重な洞察が得られる可能性がある。

無症候性の人と、単に症状出現前の状態にある人を区別することの難しさが障害となっている。誤解のないように言うと、無症候性感染者はSARS-CoV-2に感染しているが、COVID-19の症状を発症することはない。対照的に、症状出現前の人は同じように感染しているが、最終的には症状が出る。この難問を解決する簡単な方法は、縦断的検査である。残念ながら、我々のコホートのうち、縦断的データが含まれているのは5つのコホートのみである。したがって、無症候性感染者の割合が、報告よりも低い可能性があることを認識しなければならない。

Prevalence of Asymptomatic SARS-CoV-2 Infection.png

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7281624/pdf/aim-olf-M203012.pdf

#無症状性感染
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら