株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Characterization of neutralizing antibody with prophylactic and therapeutic efficacy against SARS- CoV-2 in rhesus monkeys (Nature Communications 2020.11.13)

Efficacious interventions are urgently needed for the treatment of COVID-19. Here, we report a monoclonal antibody (mAb), MW05, with SARS-CoV-2 neutralizing activity by disrupting the interaction of receptor binding domain (RBD) with angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) receptor. Crosslinking of Fc with FcγRIIB mediates antibody-dependent enhancement (ADE) activity by MW05. This activity is eliminated by introducing the LALA mutation to the Fc region (MW05/LALA). Potent prophylactic and therapeutic effects against SARS-CoV-2 are observed in rhesus monkeys. A single dose of MW05/LALA blocks infection of SARS- CoV-2 in prophylactic treatment and clears SARS-CoV-2 in three days in a therapeutic treatment setting. These results pave the way for the development of MW05/LALA as an antiviral strategy for COVID-19.

アカゲザルにおけるSARS-CoV-2に対する予防的・治療的効果を有する中和抗体の特性評価 (Nature Communications 2020.11.13)



COVID-19の治療には有効な介入が急務である。本研究では、アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)受容体と受容体結合ドメイン(RBD)の相互作用を阻害することにより、SARS-CoV-2中和活性を有するモノクローナル抗体(mAb)MW05を報告した。FcのFcγRIIBとの架橋は、MW05による抗体依存性増強(ADE)活性を媒介する。この活性は、Fc領域にLALA変異(MW05/LALA)を導入することによって除去される。SARS-CoV-2に対する強力な予防効果と治療効果がアカゲザルで観察された。MW05/LALAの単回投与により、予防的治療ではSARS-CoV-2の感染をブロックし、治療的治療では3日後にはSARS-CoV-2を消失させることが確認された。これらの結果は、COVID-19の抗ウイルス薬としてのMW05/LALAの開発に道を開くものである。

https://www.nature.com/articles/s41467-020-19568-1

#ウイルス学・疫学#基礎研究#治療薬・治療法
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら