株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Associations between blood type and COVID-19 infection, intubation, and death (Nature communications 2020.11.13)

The rapid global spread of the novel coronavirus SARS-CoV-2 has strained healthcare and testing resources, making the identification and prioritization of individuals most at-risk a critical challenge. Recent evidence suggests blood type may affect risk of severe COVID-19. Here, we use observational healthcare data on 14,112 individuals tested for SARS-CoV-2 with known blood type in the New York Presbyterian (NYP) hospital system to assess the association between ABO and Rh blood types and infection, intubation, and death. We find slightly increased infection prevalence among non-O types. Risk of intubation was decreased among A and increased among AB and B types, compared with type O, while risk of death was increased for type AB and decreased for types A and B. We estimate Rh-negative blood type to have a protective effect for all three outcomes. Our results add to the growing body of evidence suggesting blood type may play a role in COVID-19.

血液型とCOVID-19感染、挿管、死亡との関連性 (Nature communications 2020.11.13)



新型コロナウイルスSARS-CoV-2の急速な世界的な広がりは、医療と検査のリソースを逼迫させており、最もリスクの高い個人の特定と優先順位付けが重要な課題となっている。最近のエビデンスでは、血液型が重症COVID-19のリスクに影響を与える可能性があることが示唆されている。ここでは、ニューヨーク・プレスビテリアン(NYP)病院システムで血液型が既知のSARS-CoV-2の検査を受けた14,112人の観察医療データを用いて、ABOおよびRhの血液型と感染、挿管、死亡との関連を評価した。その結果、非O型では感染症有病率がわずかに増加していた。挿管のリスクはO型と比較してA型では減少し、AB型およびB型では増加したが、死亡のリスクはAB型では増加し、A型およびB型では減少した。血液型がCOVID-19に関与している可能性を示唆する証拠の増加に、我々の結果も加わることとなる。

スクリーンショット 2020-11-28 17.46.21.png

https://www.nature.com/articles/s41467-020-19623-x

#ウイルス学・疫学#リスク因子・重症化リスク因子#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら