株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

SARS-CoV-2 D614G variant exhibits efficient replication ex vivo and transmission in vivo (Science 2020.11.12)

Abstract

The spike D614G substitution is prevalent in global SARS-CoV-2 strains, but its effects on viral pathogenesis and transmissibility remain unclear. We engineered a SARS-CoV-2 variant containing this substitution. The variant exhibits more efficient infection, replication, and competitive fitness in primary human airway epithelial cells, but maintains similar morphology and in vitro neutralization properties, compared with the ancestral wild-type virus. Infection of human angiotensin-converting enzyme 2 (ACE2) transgenic mice and Syrian hamsters with both viruses resulted in similar viral titers in respiratory tissues and pulmonary disease. However, the D614G variant transmits significantly faster and displayed increased competitive fitness than the wild-type virus in hamsters. These data show that the D614G substitution enhances SARS-CoV-2 infectivity, competitive fitness, and transmission in primary human cells and animal models.

SARS-CoV-2 D614G変異体は、複製(ex vivo)と感染伝播(in vivo)を増強する (Science 2020.11.12)



抄録

スパイクD614G置換体は全世界のSARS-CoV-2株に存在するが,ウイルスの病原性や感染性に及ぼす影響は不明である.我々は、この置換基を含むSARS-CoV-2変異体を作製した。この変異体は、ヒトの一次気道上皮細胞において、より効率的な感染、複製、および競争力を示すが、先祖の野生型ウイルスと比較して、同様の形態およびin vitro中和特性を維持している。ヒトアンギオテンシン変換酵素2(ACE2)トランスジェニックマウスおよびシリアハムスターを両ウイルスで感染させると、呼吸器組織および肺疾患において同様のウイルス力価が得られた。しかし、D614G 変異体はハムスターにおいて、野生型ウイルスよりも有意に速く感染し、競争力の増加を示した。これらのデータは、D614G 置換がヒトの一次細胞および動物モデルにおいて SARS-CoV-2 の感染性、競争力、および感染を増強することを示している。

https://science.sciencemag.org/content/early/2020/11/11/science.abe8499

#ウイルス学・疫学#基礎研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら