株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

A living WHO guideline on drugs for covid-19(BMJ 2020.09.04)

Abstract

Clinical question What is the role of drug interventions in the treatment of patients with covid-19? New recommendation The latest version of this WHO living guidance focuses on remdesivir, following the 15 October 2020 preprint publication of results from the WHO SOLIDARITY trial. It contains a weak or conditional recommendation against the use of remdesivir in hospitalised patients with covid-19 Recommendations The first version on this living guidance focused on corticosteroids. The strong recommendation for systemic corticosteroids in patients with severe and critical covid-19, and a weak or conditional recommendation against systemic corticosteroids in patients with non-severe covid-19 are unchanged. How this guideline was created WHO has partnered with the non-profit Magic Evidence Ecosystem Foundation (MAGIC) for methodologic support, to develop and disseminate living guidance for covid-19 drug treatments, based on a living systematic review and network analysis. An international standing Guideline Development Group (GDG) of content experts, clinicians, patients, and methodologists produced recommendations following standards for trustworthy guideline development using the GRADE approach. No competing interests were identified for any panel member. Understanding the new recommendation When moving from evidence to the conditional recommendation against the use of remdesivir in patients with covid-19, the panel emphasised the evidence suggesting no important effect on mortality, need for mechanical ventilation, time to clinical improvement, and other patient-important outcomes. Considering the low or very low certainty evidence for all outcomes, the panel interpreted the evidence as not proving that remdesivir is ineffective; rather, there is no evidence based on currently available data that it does improve patient-important outcomes. The panel placed low value on small and uncertain benefits in the presence of the remaining possibility of important harms. In addition, the panel considered contextual factors such as resources, feasibility, acceptability, and equity for countries and health care systems. Updates This is a living guideline. It replaces an earlier version published on 4 September 2020 and the BMJ Rapid Recommendations on remdesivir published on 2 July 2020, and the previous version can be found as a data supplement. Future updates are planned to cover hydroxychloroquine and lopinavir-rotinavir. New recommendations will be published as updates to this guideline.

WHOのcovid-19の薬に関するガイドライン(BMJ 2020.09.04)



抄録

臨床上の疑問 covid-19患者の治療における薬物介入の役割は何か? 新しい推奨事項 このWHO生活指針の最新版は、2020年10月15日にWHO SOLIDARITY試験の結果がプレプリントで発表されたことを受けて、レムデシビルに焦点を当てている。その中には、covid-19の入院患者におけるレムデシビルの使用に対する弱い、または条件付きの勧告が含まれている。 勧告 この生活指導の最初のバージョンでは、副腎皮質ステロイドに焦点を当てた。重症・重症のcovid-19患者に対する全身性コルチコステロイドの強い推奨と、非重症のcovid-19患者に対する全身性コルチコステロイドの弱いまたは条件付きの推奨は変更されていない。 本ガイドラインの作成方法 WHOは、非営利団体であるMagic Evidence Ecosystem Foundation (MAGIC)と協力しながら方法論の支援を受け、リビングシステマティックレビューとネットワーク分析に基づいたcovid-19薬物治療のためのリビングガイドラインを開発し、普及させている。コンテンツの専門家、臨床家、患者、方法論者で構成される国際的なガイドライン開発グループ(GDG)が、GRADEアプローチを用いて信頼できるガイドライン開発のための基準に沿って勧告を作成した。どのパネルメンバーにも競合する利害関係は認められなかった。 新勧告の理解 エビデンスからcovid-19患者へのレムデシビルの使用を禁じる条件付き勧告へと移行する際、パネルは死亡率、機械的人工呼吸の必要性、臨床改善までの時間、その他の患者にとって重要な転帰に重要な影響を与えないことを示唆するエビデンスを強調した。すべてのアウトカムに対する確実性の低い、または非常に低いエビデンスを考慮して、パネルはエビデンスはレムデシビルの効果がないことを証明するものではなく、むしろ、現在入手可能なデータに基づいて、レムデシビルが患者にとって重要なアウトカムを改善するというエビデンスがないと解釈した。パネルは、重要な有害性が残る可能性があるにもかかわらず、小規模で不確実な有益性を低く評価した。さらに、パネルは、資源、実現可能性、受容性、国や医療制度の公平性などの文脈的要因を考慮した。 更新情報 本ガイドラインはリビングガイドラインである。2020年9月4日に発表された以前のバージョンと、2020年7月2日に発表されたレムデシビルに関するBMJ Rapid Recommendationsに取って代わるものであり、以前のバージョンはデータサプリとして掲載されている。今後のアップデートでは、ヒドロキシクロロキンとロピナビル-ロチナビルを網羅することが予定されている。新たな推奨事項は、本ガイドラインのアップデートとして公開される予定である。

スクリーンショット 2020-11-30 22.52.27(2).png

https://www.bmj.com/content/370/bmj.m3379

#ウイルス学・疫学#リスク因子・重症化リスク因子#治療薬・治療法#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら