株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Mining a GWAS of Severe Covid-19 (The New England Journal of Medicine 2020.11.24)

TO THE EDITOR

In order to probe the genetic signal associated with severe coronavirus disease 2019 (Covid-19) reported by the Severe Covid-19 GWAS Group (Oct. 15 issue) and to formulate clinically relevant hypotheses, we examined phenomewide associations for rs657152-A (ABO) (see Fig. S1 in the Supplementary Appendix, available with the full text of this letter at NEJM.org).

The variant rs657152-A was associated with risks of deep-vein thrombosis and pulmonary embolism, conditions that are pervasive in patients with severe Covid-19. Correlated variants were also associated with higher levels of the blood-clotting proteins von Willebrand factor and factor VIII as well as interleukin-6, all of which are frequently elevated in patients with severe Covid-19. Evidence from a recent study suggests that persons with blood type A or type B are at a higher risk for thromboembolic events than persons with type O, irrespective of Covid-19 status. We have observed that higher levels of the soluble lectin CD209 are associated with the single-nucleotide polymorphism rs505922-C (which has an r2 of 0.9 with rs657152-A). CD209 facilitates the spread of severe acute respiratory syndrome coronavirus 1 (SARS-CoV-1) to T lymphocytes through antigen-presenting cells. These findings raise questions of therapeutic and prognostic relevance. Could a lower threshold for the initiation of thromboprophylaxis be beneficial? Is there a correlation between CD209 levels and SARS-CoV-2 viral load?

重度のCovid-19のGWASを探る (The New England Journal of Medicine 2020.11.24)



編集者へ

Severe Covid-19 GWASグループ(10月15日号)1が報告した重症コロナウイルス疾患2019(Covid-19)に関連する遺伝的シグナルを探り、臨床的に関連する仮説を立てるために、rs657152-A(ABO)のフェノーム全体の関連を検討した(NEJM.orgで本レターの全文を公開している補足付録の図S1を参照)。

rs657152-Aの変異体は、重症のCovid-19患者に広く見られる深部静脈血栓症および肺塞栓症のリスクと関連していた。関連する変異体はまた、重症のCovid-19患者で頻繁に上昇する血液凝固タンパク質であるフォンウィルブランド因子および第VIII因子、インターロイキン-6の高値とも関連していた。 最近の研究では、血液型がA型またはB型の人は、Covid-19の状態にかかわらず、O型の人よりも血栓塞栓イベントのリスクが高いことが示唆されている。我々は、可溶性レクチン CD209 の高レベル化が、一塩基多型 rs505922-C(rs657152-A との r2 が 0.9 である)と関連していることを観察した。CD209は抗原提示細胞を介して重症急性呼吸器症候群コロナウイルス1(SARS-CoV-1)のTリンパ球への拡散を促進する。これらの所見は、治療と予後の関連性に疑問を投げかけている。血栓予防薬を開始するための閾値を低くすることは有益であろうか?CD209 レベルと SARS-CoV-2 ウイルス負荷の間には相関関係があるのか?

スクリーンショット 2020-12-07 10.53.54.png FigureS1

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2025747?query=RP

#ウイルス学・疫学#リスク因子・重症化リスク因子#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら