株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Functional SARS-CoV-2-Specific Immune Memory Persists after Mild COVID-19 (Cell 2020.11.23)

Highlights

•Longitudinal analysis of multifaceted immune memory following mild COVID-19
•Antibodies capable of neutralizing virus persist for at least 3 months in most subjects
•Virus-specific memory B and T cells display hallmarks of anti-viral immunity
•MBCs increase in number and express antibodies capable of neutralizing SARS-CoV-2


Summary

The severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) virus is causing a global pandemic, and cases continue to rise. Most infected individuals experience mildly symptomatic coronavirus disease 2019 (COVID-19), but it is unknown whether this can induce persistent immune memory that could contribute to immunity. We performed a longitudinal assessment of individuals recovered from mild COVID-19 to determine whether they develop and sustain multifaceted SARS-CoV-2-specific immunological memory. Recovered individuals developed SARS-CoV-2-specific immunoglobulin (IgG) antibodies, neutralizing plasma, and memory B and memory T cells that persisted for at least 3 months. Our data further reveal that SARS-CoV-2-specific IgG memory B cells increased over time.Additionally, SARS-CoV-2-specific memory lymphocytes exhibited characteristics associated with potent antiviral function: memory T cells secreted cytokines and expanded upon antigen re-encounter, whereas memory B cells expressed receptors capable of neutralizing virus when expressed as monoclonal antibodies. Therefore, mild COVID-19 elicits memory lymphocytes that persist and display functional hallmarks of antiviral immunity.

SARS-CoV-2に特異的な機能的免疫記憶は軽度のCOVID-19後も持続する(Cell 2020.11.23)



ハイライト

•軽度COVID-19感染後の多面的免疫記憶の縦断的解析
•ウイルスを中和することができる抗体は、ほとんどの被験者で少なくとも3ヶ月間持続する
•ウイルス特異的メモリーB細胞とT細胞は抗ウイルス免疫の特徴を示す
•MBCは増加し、SARS-CoV-2を中和する抗体を発現する


概要

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)ウイルスが世界的な大流行を引き起こしており、症例は増加し続けている。感染者のほとんどは軽度の症状を呈するコロナウイルス疾患2019(COVID-19)を経験するが、これが免疫力に寄与する可能性のある持続的な免疫記憶を誘発するかどうかは不明である。我々は、軽度のCOVID-19から回復した個体を縦断的に評価し、多面的なSARS-CoV-2特異的な免疫記憶を発現し、持続するかどうかを調べた。回復した患者は、SARS-CoV-2特異的免疫グロブリン(IgG)抗体、中和血漿、記憶B細胞および記憶T細胞を発現し、少なくとも3ヵ月間持続した。我々のデータはさらに、SARS-CoV-2特異的IgGメモリーB細胞が時間の経過とともに増加していることを明らかにした。さらに、SARS-CoV-2特異的メモリーリンパ球は、強力な抗ウイルス機能と関連した特徴を示した:メモリーT細胞はサイトカインを分泌し、抗原との再遭遇時に増殖し、メモリーB細胞はモノクローナル抗体として発現するとウイルスを中和する受容体を発現した。したがって、軽度のCOVID-19は、持続し、抗ウイルス免疫の機能的特徴を示すメモリーリンパ球を誘発する。

写実的な概要

スクリーンショット 2020-12-09 14.16.28.png



https://www.cell.com/cell/fulltext/S0092-8674(20)31565-8?utmcampaign=Coronavirus%202020&utmcontent=147571496&utmmedium=social&utmsource=twitter&hss_channel=tw-18477428

#ウイルス学・疫学#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら