株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Antibody Status and Incidence of SARS-CoV-2 Infection in Health Care Workers (The New England Journal of Medicine 2020.12.23)

ABSTRACT



BACKGROUND

The relationship between the presence of antibodies to severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) and the risk of subsequent reinfection remains unclear.

METHODS

We investigated the incidence of SARS-CoV-2 infection confirmed by polymerase chain reaction (PCR) in seropositive and seronegative health care workers attending testing of asymptomatic and symptomatic staff at Oxford University Hospitals in the United Kingdom. Baseline antibody status was determined by anti-spike (primary analysis) and anti-nucleocapsid IgG assays, and staff members were followed for up to 31 weeks. We estimated the relative incidence of PCR-positive test results and new symptomatic infection according to antibody status, adjusting for age, participant-reported gender, and changes in incidence over time.

RESULTS

A total of 12,541 health care workers participated and had anti-spike IgG measured; 11,364 were followed up after negative antibody results and 1265 after positive results, including 88 in whom seroconversion occurred during follow-up. A total of 223 anti-spike-seronegative health care workers had a positive PCR test (1.09 per 10,000 days at risk), 100 during screening while they were asymptomatic and 123 while symptomatic, whereas 2 anti-spike-seropositive health care workers had a positive PCR test (0.13 per 10,000 days at risk), and both workers were asymptomatic when tested (adjusted incidence rate ratio, 0.11; 95% confidence interval, 0.03 to 0.44; P=0.002). There were no symptomatic infections in workers with anti-spike antibodies. Rate ratios were similar when the anti-nucleocapsid IgG assay was used alone or in combination with the anti-spike IgG assay to determine baseline status.

CONCLUSIONS

The presence of anti-spike or anti-nucleocapsid IgG antibodies was associated with a substantially reduced risk of SARS-CoV-2 reinfection in the ensuing 6 months. (Funded by the U.K. Government Department of Health and Social Care and others.)



医療従事者におけるSARS-CoV-2の抗体の状態と発生率 (The New England Journal of Medicine 2020.12.23)



概要



背景

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に対する抗体の存在とその後の再感染のリスクとの関係は明らかになっていない。

方法

英国オックスフォード大学病院の無症候性・症候性スタッフの検査に出席した血清陽性・血清陰性の医療従事者を対象に、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)で確認されたSARS-CoV-2感染の発生率を調査した。ベースラインの抗体状態は、抗スパイク(一次分析)および抗ヌクレオカプシド IgG アッセイによって決定され、スタッフは最大 31 週間追跡された。年齢、参加者が報告した性別、および発生率の経時変化を調整して、抗体状態に応じた PCR 陽性検査結果と新たな症候性感染の相対発生率を推定した。

結果

合計 12,541 人の医療従事者が参加し、抗スパイク IgG を測定した;抗体陰性の後に 11,364 人、陽性の後に 1,265 人がフォローアップされたが、そのうち 88 人はフォローアップ中に血清転換が起こった。 合計 223 人の抗スパイク血清陰性の医療従事者が PCR 検査陽性(リスク 1 万日当たり 1.09 人)であり、そのうち 100 人はスクリーニング時に無症状で、123 人は症候性であったが、抗スパイク血清陽性の医療従事者 2 人は PCR 検査陽性(リスク 1 万日当たり 0.13 人)であり、検査時には 2 人とも無症状であった(調整後発症率比 0.11;95%信頼区間 0.03~0.44;P=0.002)。抗スパイク抗体を持つ労働者には症状のある感染症はありませんでした。ベースライン状態を決定するために、抗ヌクレカプシドIgGアッセイを単独で、または抗スパイクIgGアッセイと組み合わせて使用した場合、率比は類似していた。

結論

抗スパイク抗体または抗ヌクレカプシドIgG抗体の存在は、その後6カ月間のSARS-CoV-2再感染のリスクを大幅に減少させることと関連していた。 (英国政府保健社会福祉省などによる資金提供)

https://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa2034545?listPDF=true

#臨床研究#リスク因子・重症化リスク因子#ウイルス学・疫学
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら