株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Autoantibodies against type I IFNs in patients with life-threatening COVID-19 (Science 2020.10.23)

(Excerpt)

INTRODUCTION

Three risk factors for life-threatening coronavirus disease 2019 (COVID-19) pneumonia have been identified-- being male, being elderly, or having other medical conditions.

RATIONALE

Human inborn errors of type I IFNs underlie severe viral respiratory diseases.
While searching for inborn errors of type I IFN immunity in patients with life-threatening COVID-19 pneumonia, we also tested the hypothesis that neutralizing auto-Abs against type I IFNs may underlie critical COVID-19.

RESULTS

At least 101 of 987 patients (10.2%) with life-threatening COVID-19 pneumonia had neutralizing immunoglobulin G (IgG) auto-Abs against IFN-w (13 patients), against the 13 types of IFN-a (36), or against both (52) These auto-Abs neutralize high concentrations of the corresponding type I IFNs, including their ability to block SARSCoV-2 infection in vitro. Moreover, all of the patients tested had low or undetectable serum IFN-a levels during acute disease. These autoAbs were present before infection in the patients tested and were absent from 663 individuals with asymptomatic or mild SARSCoV-2 infection (P < 10−16).
Notably, 95 of the 101 patients with auto-Abs were men (94%).

CONCLUSION

These findings provide a first explanation for the excess of men among patients with lifethreatening COVID-19 and the increase in risk with age. Finally, they pave the way for prevention and treatment, including plasmapheresis, plasmablast depletion, and recombinant type I IFNs not targeted by the auto-Abs (e.g., IFN-b).

生命を脅かすCOVID-19患者におけるI型IFNに対する自己抗体 (Science 2020.10.23)


(抜粋)

はじめに

生命を脅かすCOVID-19肺炎の危険因子として,男性であること,高齢であること,その他の基礎疾患を有することの3つが確認されている。

妥当性

I型IFNのヒト先天性異常は、重度のウイルス性呼吸器疾患の根底にある。 生命を脅かすCOVID-19肺炎の患者におけるIFN免疫の先天的エラーを探索する一方で、IFNに対する自己抗体の中和が重篤なCOVID-19肺炎の背景にあるのではないかという仮説を検証した。

結果

生命を脅かすCOVID-19肺炎の患者987人中、少なくとも101人(10.2%)がIFN-w(13人)、13種類のIFN-a(36人)、またはその両方(52人)に対する中和免疫グロブリンG(IgG)の自己抗体を有していた。
これらの自己抗体は、in-vitroでのSARSCoV-2感染をブロックする能力を含め、対応するI型IFNを高濃度で中和する。
さらに、検査したすべての患者では、急性期の血清IFN-a濃度が低いか、または検出不能であった。これらの自己抗体は、検査された患者において感染前に存在し、無症状または軽度のSARSCoV-2感染を有する663人の患者には存在しなかった(P < 10-16)。
特筆すべきは、自己抗体を有する101人の患者のうち95人が男性(94%)であったことである。

結論

これらの所見は、生命を脅かすCOVID-19の患者における男性の過多と、加齢に伴うリスクの増加についての最初の説明を提供している。
最後に、これらの知見は、プラスマフェレーシス、形質芽球除去、および自己抗体が標的としない組換えI型IFN(例えば、IFN-b)を含む予防と治療の道を開くものである。

図:I型IFNに対する中和性自己抗体は生命を脅かすCOVID-19肺炎の根底にある。
Autoantibodies against type I IFNs in patients with life-threatening COVID-19.png

https://science.sciencemag.org/content/370/6515/eabd4585

#病態#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら