株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

The Johnson & Johnson Vaccine for COVID-19 (JAMA 2021.3.1)

Johnson & Johnson has developed a vaccine that works differently than the Pfizer and Moderna vaccines and is highly effective for preventing moderate to severe COVID-19.

What Is the Johnson & Johnson Vaccine?

The COVID-19 vaccine from Johnson & Johnson uses existing technology that involves a virus called adenovirus, a common cause of respiratory infections. The DNA in the adenovirus is modified so that it produces a key part of the SARS-CoV-2 virus particle to which the body then develops an immune response. The adenovirus that delivers the SARS-CoV-2 DNA particle cannot multiply, so it does not cause infection. Because this system is based on stable DNA molecules, it does not require ultracold storage, making it easier to distribute.

How Does the Johnson & Johnson Vaccine Differ From Other Available COVID-19 Vaccines?

The Pfizer and Moderna COVID-19 vaccine technology uses genetic material (mRNA) that code for parts of the SARS-CoV-2 virus protein. This mRNA is protected by lipid nanoparticles (fat bubbles) that, when injected, cause a person's own cells to make pieces of viral particles to which the body develops immunity. Because the genetic material is broken down quickly, it stays in a person's cells for only a short period of time. For this reason, these vaccines must be kept in very cold environments until they are ready to be given.

How Safe and Effective Is the Johnson & Johnson Vaccine?

Initially, the Johnson & Johnson vaccine was shown to produce antibodies against SARS-CoV-2 in 90% of people who received it after the first dose. The amount of antibodies was greater for those who received 2 doses of the vaccine. Data released by Johnson & Johnson suggest that 1 dose of vaccine was 66% effective in preventing moderate to severe COVID-19 and 100% effective in preventing COVID-19-related hospitalization and death. These data are being reviewed by the US Food and Drug Administration to consider whether to grant an Emergency Use Authorization (EUA) to allow use of this vaccine.
In the studies of this vaccine, no one developed a severe allergic reaction, and side effects of the vaccine were similar to those of other vaccines, including fever experienced by 9% of volunteers. The vaccine did not appear to cause any excess serious complications.

ジョンソン・エンド・ジョンソンが開発したCOVID-19用ワクチン(JAMA 2021.3.1)


ジョンソン・エンド・ジョンソン社は、ファイザー社やモデナ社のワクチンとは異なる働きをし、中等度から重度のCOVID-19の予防に高い効果を発揮するワクチンを開発した。

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ワクチンとは?

ジョンソン・エンド・ジョンソン社のCOVID-19ワクチンは、呼吸器感染症の一般的な原因であるアデノウイルスと呼ばれるウイルスを含む既存の技術を使用している。アデノウイルスのDNAは、SARS-CoV-2ウイルス粒子の主要部分を産生するように改変されており、これに対して体は免疫反応を起こす。SARS-CoV-2ウイルス粒子を送り込んだアデノウイルスは増殖できないため、感染症を引き起こすことはない。このシステムは安定したDNA分子をベースにしているため、超低温保存を必要とせず、配布が容易である。

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ワクチンは、他の利用可能なCOVID-19ワクチンとどのように違うのか?

ファイザーとモデナのCOVID-19ワクチン技術は、SARS-CoV-2ウイルスタンパク質の一部をコードする遺伝物質(mRNA)を使用している。この mRNA は脂質ナノ粒子 (脂肪の泡)によって保護されており、これを注入すると、人の細胞がウイルス粒子の断片を作り、体が免疫力を発揮する。遺伝物質はすぐに分解されるため、人の細胞内に短時間しかとどまらない。このため、これらのワクチンは、投与する準備が整うまで極寒の環境下で保管しなければならない。

ジョンソン・エンド・ジョンソン・ワクチンの安全性と効果は?

当初、ジョンソン・エンド・ジョンソン・ワクチンは、1回目の接種後、90%の人にSARS-CoV-2に対する抗体を産生することが示された。ワクチンを2回接種した人の方が抗体の量が多かった。ジョンソン・エンド・ジョンソンが発表したデータによると、1回のワクチン接種で中等度から重度のCOVID-19の予防に66%の効果があり、COVID-19に関連する入院や死亡の予防に100%の効果があったという。これらのデータは、このワクチンの使用を認める緊急使用許可(EUA)を付与するかどうかを検討するために、米国食品医薬品局で検討されている。
このワクチンの試験では、重篤なアレルギー反応を起こした人はおらず、ワクチンの副作用は他のワクチンと同様であり、9%のボランティアが発熱を経験しました。このワクチンは、過剰な重篤な合併症を引き起こすようには見えなかった。

Johnson & Johnson.png

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2777172

#ワクチン#基礎研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら