株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

ROGUE ANTIBODIES COULD BE DRIVING SEVERE COVID-19 (Nature 2021.1.19)

Finding autoantibodies

In late September, a group led by Jean-Laurent Casanova at the Rockefeller University in New York City reported that more than 10% of 987 individuals with severe COVID-19 had anti- bodies that attacked and blocked the action of type 1 interferon molecules, which normally help to bolster the immune response against foreign pathogens1. That was a striking proportion, the researchers say, because people's antibody repertoires are normally very dissim- ilar, and noone in a control group for the study had these antibodies. The researchers also saw the antibodies in people before their COVID-19 infection, so Casanova thinks that some people could be genetically predisposed to produce them. And the autoantibodies were more com- mon in men than women -- a possible factor in why COVID seems to hit men harder.

Rethinking treatments

If an autoimmunity element exists either in predisposing people to COVID-19 or in the fall- out from the infection, there might be treat- ment implications. Casanova says that in cases in which pre-existing autoimmunity against interferon might put people at greater risk of falling ill, then blood tests for autoantibodies, which are becoming more available in research laboratories and university hospitals, could help to identify them.
And if these people become infected with SARS-CoV-2, Casanova suggests, they could receive supplementation as early as is practi- cal with interferon-β, which is not as prone to attack from the immune system as are other interferons. Last November, a preliminary study found that an inhaled form of interfer- on-β seemed to improve the clinical condition of people with COVID, prompting a larger trial of this therapy.
Interferon replacements are intended to boost the activity of a weakened immune system. But if autoantibodies attack organs such as the lungs and brain, a blunt strategy for combating them might be to suppress the immune system.

いたずら者の抗体が深刻なCOVID-19を引き起こしている可能性がある(Nature 2021.1.19)


自己抗体の発見

9月下旬、ニューヨーク市のロックフェラー大学のジャン・ローラン・カサノバ氏が率いるグループは、重度のCOVID-19を持つ987人のうち10%以上の人が、通常は外来病原体に対する免疫反応を増強するのに役立つ1型インターフェロン分子を攻撃し、その作用をブロックする抗体を持っていたことを報告した。研究者によればそれは顕著な割合であった。というのも、人々の抗体レパートリーは通常非常に異質であり、この研究の対照群の中にはこれらの抗体を持つ人は一人もいなかったとのことである。研究者たちはまた、COVID-19感染前の人々にこれらの抗体の存在を確認していたため、Casanovaは、一部の人々は遺伝的にそれらを生成しやすい素因があるかもしれないと考えている。そして、自己抗体は女性よりも男性に多く見られたが、これはCOVIDが男性をより強く攻撃する要因である可能性がある。

治療法の再考

COVID-19へのかかりやすさや感染の結果に自己免疫の要素が存在する場合、治療の意味合いがあるかもしれない。Casanova氏によると、インターフェロンに対する自己免疫が存在する場合には、研究室や大学病院で利用できるようになってきている自己抗体の血液検査を行えば、それを特定するのに役立つだろうという。
そして、これらの人々がSARS-CoV-2に感染した場合には、インターフェロン-βの補充をできるだけ早く受けることができるだろう。昨年11月の予備研究では、インターフェロン-βの吸入タイプがCOVID患者の臨床状態を改善するようであることが判明し、この治療法の大規模な試験が行われることになった。
インターフェロン製剤は、弱った免疫系の活性を高めることを目的としている。しかし、自己抗体が肺や脳などの臓器を攻撃する場合は、免疫系を抑制するという鈍い戦略で対抗することになるかもしれない。

https://www.nature.com/articles/d41586-021-00149-1

要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら