株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Association Between Vaccination With BNT162b2 and Incidence of Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 Infections Among Health Care Workers (JAMA 2021.5.6)

Key Points


Question

What is the association between receipt of the Pfizer-BioNTech BNT162b2 vaccine and the incidence of symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infection among health care workers?

Findings

In this retrospective cohort study conducted in Tel Aviv, Israel, that included 6710 health care workers who underwent periodic testing for SARS-CoV-2 infection, vaccination with the BNT162b2 vaccine was associated with an adjusted incidence rate ratio of 0.03 for symptomatic infection and 0.14 for asymptomatic infection more than 7 days after the second dose. Both incidence rate ratios were statistically significant.

Meaning

Receipt of the BNT162b2 vaccine was significantly associated with lower incidence of symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infection among health care workers.

Abstract


Importance

Randomized clinical trials have provided estimates of the effectiveness of the BNT162b2 vaccine against symptomatic SARS-CoV-2 infection, but its effect on asymptomatic infections remains unclear.

Objective

To estimate the association of vaccination with the Pfizer-BioNTech BNT162b2 vaccine with symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infections among health care workers.

Design, Setting, and Participants

This was a single-center, retrospective cohort study conducted at a tertiary medical center in Tel Aviv, Israel. Data were collected on symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infections confirmed via polymerase chain reaction (PCR) tests in health care workers undergoing regular screening with nasopharyngeal swabs between December 20, 2020, and February 25, 2021. Logistic regression was used to calculate incidence rate ratios (IRRs) comparing the incidence of infection between fully vaccinated and unvaccinated participants, controlling for demographics and the number of PCR tests performed.

Exposures

Vaccination with the BNT162b2 vaccine vs unvaccinated status was ascertained from the employee health database. Full vaccination was defined as more than 7 days after receipt of the second vaccine dose.

Main Outcomes and Measures

The primary outcome was the regression-adjusted IRR for symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infection of fully vaccinated vs unvaccinated health care workers. The secondary outcomes included IRRs for partially vaccinated health care workers (days 7-28 after first dose) and for those considered as late fully vaccinated (>21 days after second dose).

Results

A total of 6710 health care workers (mean [SD] age, 44.3 [12.5] years; 4465 [66.5%] women) were followed up for a median period of 63 days; 5953 health care workers (88.7%) received at least 1 dose of the BNT162b2 vaccine, 5517 (82.2%) received 2 doses, and 757 (11.3%) were not vaccinated. Vaccination was associated with older age compared with those who were not vaccinated (mean age, 44.8 vs 40.7 years, respectively) and male sex (31.4% vs 17.7%). Symptomatic SARS-CoV-2 infection occurred in 8 fully vaccinated health care workers and 38 unvaccinated health care workers (incidence rate, 4.7 vs 149.8 per 100 000 person-days, respectively, adjusted IRR, 0.03 [95% CI, 0.01-0.06]). Asymptomatic SARS-CoV-2 infection occurred in 19 fully vaccinated health care workers and 17 unvaccinated health care workers (incidence rate, 11.3 vs 67.0 per 100 000 person-days, respectively, adjusted IRR, 0.14 [95% CI, 0.07-0.31]). The results were qualitatively unchanged by the propensity score sensitivity analysis.

Conclusions and Relevance

Among health care workers at a single center in Tel Aviv, Israel, receipt of the BNT162b2 vaccine compared with no vaccine was associated with a significantly lower incidence of symptomatic and asymptomatic SARS-CoV-2 infection more than 7 days after the second dose. Findings are limited by the observational design.

医療従事者におけるBNT162b2ワクチン接種と症候性および無症候性SARS-CoV-2感染の発生率との関連(JAMA 2021.5.6)


キーポイント


質問

Pfizer-BioNTech社のBNT162b2ワクチンの接種と、医療従事者における症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染の発生率との間にはどのような関連があるか?

調査結果

イスラエルのテルアビブで実施されたこのレトロスペクティブコホート研究では,SARS-CoV-2感染の定期検査を受けた医療従事者6710人を対象とし,BNT162b2ワクチンの接種は,2回目の接種から7日以上経過した症候性感染症の調整済み発生率比が0.03,無症候性感染症の発生率比が0.14と関連していた。いずれの発生率比も統計的に有意であった。

意味

BNT162b2ワクチンの接種は、医療従事者における症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染症の発生率の低下と有意に関連していた。

概要


重要性

無作為化臨床試験により、症候性SARS-CoV-2感染に対するBNT162b2ワクチンの有効性が推定されているが、無症候性感染に対する効果は不明である。

目的

Pfizer-BioNTech社のBNT162b2ワクチンの接種と、医療従事者の症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染症との関連を推定すること。

デザイン、設定、および参加者

本研究は、イスラエルのテルアビブにある第三次医療センターで実施された単施設のレトロスペクティブコホート研究である。2020年12月20日から2021年2月25日の間に、鼻咽頭ぬぐい液による定期的なスクリーニングを受けた医療従事者において、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査で確認された症候性および無症候性のSARS-CoV-2感染症に関するデータを収集した。ロジスティック回帰法を用いて、人口統計やPCR検査の実施回数をコントロールしながら、完全にワクチンを接種した参加者とワクチンを接種していない参加者との間で、感染の発生率を比較する発生率比(IRR)を算出した。

曝露

BNT162b2ワクチンの接種者と未接種者は、従業員健康データベースで確認した。完全なワクチン接種とは、2回目のワクチン接種後7日以上経過していることと定義した。

主要アウトカムと測定法

主要評価項目は、ワクチン接種を受けた医療従事者と受けていない医療従事者の,症候性および無症候性SARS-CoV-2感染の回帰調整IRRとした。副次的な結果として、部分的にワクチンを接種した医療従事者(初回接種後7~28日目)と、完全にワクチンを接種した後期の者(2回目の接種後21日目以降)のIRRを算出した。

結果

合計6710名の医療従事者(平均[SD]年齢44.3[12.5]歳、4465名[66.5%]女性)が中央値で63日間の追跡調査を受け、5953名(88.7%)の医療従事者が少なくとも1回のBNT162b2ワクチン接種を受け、5517名(82.2%)が2回接種を受け、757名(11.3%)が未接種であった。ワクチン接種は、非接種者に比べて年齢が高く(平均年齢、それぞれ44.8歳対40.7歳)、性別は男性(31.4%対17.7%)であった。症候性 SARS-CoV-2 感染症は,完全にワクチンを接種した医療従事者 8 名と,ワクチンを接種していない医療従事者 38 名に発生した(発生率,それぞれ 100,000 人日あたり 4.7 対 149.8,調整 IRR,0.03 [95% CI,0.01-0.06])。無症状の SARS-CoV-2 感染は,完全にワクチンを接種した医療従事者 19 人と,ワクチンを接種していない医療従事者 17 人に発生した(発生率,それぞれ 100,000 人日あたり 11.3 対 67.0,調整 IRR,0.14 [95% CI,0.07-0.31])。この結果は、傾向スコアによる感度分析によっても質的には変化しなかった。

結論および関連性

イスラエルのテルアビブにある単一施設の医療従事者において、BNT162b2 ワクチンを接種した場合は、ワクチンを接種しなかった場合と比較して、2 回目の接種から 7 日以上経過した後の症候性および無症候性の SARS-CoV-2 感染症の発生率が有意に低いことと関連していた。この結果は、観察的デザインによって制限されている。

Figure 1 施設のスクリーニング方針,ワクチン接種グループのワクチン摂取率,およびSARS-CoV-2の検査を受けた者のうちワクチン接種者と非接種者の1日当たりの割合 
Association Between Vaccination With BNT162b2 and Incidence of Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 Infections Among Health Care Workers fig1.png

Figure 3 SARS-CoV-2感染のスクリーニングを受けたワクチン接種者,傾向スコアをマッチさせたワクチン接種者,およびワクチン未接種者におけるSARS-CoV-2感染の累積発生率

Association Between Vaccination With BNT162b2 and Incidenceof Symptomatic and Asymptomatic SARS-CoV-2 InfectionsAmong Health Care Workers fig3.png

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2779853

#ワクチン#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら