株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

BNT162b2-Elicited Neutralization against New SARS-CoV-2 Spike Variants (NEJM 2021.5.12)

(Excerpt)
All the recombinant viruses were analyzed by means of 50% plaque reduction neutralization testing with 20 human serum samples, collected from 15 persons 2 or 4 weeks after the second dose of 30 μg of BNT162b2, which was administered 3 weeks after the first immunization (Fig. S4). All the serum samples neutralized USA-WA1/2020 and the variant viruses at titers of 1:80 or higher. The geometric mean neutralizing titers against USA-WA1/2020, B.1.429-spike, B.1.526-spike, and B.1.1.7-spike+E484K viruses were 520, 394, 469, and 597, respectively (Fig. 1 and Table S1). Thus, as compared with neutralization of USA-WA1/2020, neutralization of B.1.1.7- spike+E484K and B.1.526-spike viruses was approximately equivalent, and neutralization of B.1.429-spike was slightly lower, possibly reflecting the influence of the L452R mutation, which appears to be under positive selective pressure. Our results suggest that, as compared with the previously reported neutralization of B.1.1.7-spike, the additional E484K mutation, which is also found in the B.1.351 and B.1.526 lineages, caused little compromise to neutralization.

(Omission)

Because these data show that the newly emerged B.1.526, B.1.429, and B.1.1.7+E484K variants remain susceptible to an important vaccine-elicited immune effector (neutralizing antibody), they confirm the importance of mass immunization with current, highly effective, authorized vaccines as a central strategy to end the Covid-19 pandemic.

BNT162b2による新しいSARS-CoV-2スパイクバリアントに対する中和反応 (NEJM 2021.5.12)


(抜粋)
すべての組換えウイルスは,2回目の30μgのBNT162b2(初回免疫の3週間後に投与された)を投与した2週間後または4週間後の15人から採取した20個のヒト血清サンプルを用いて、50%プラークリダクション中和試験によって解析された(図 S4)。すべての血清試料は、USA-WA1/2020および変異型ウイルスを1:80以上の力価で中和した。USA-WA1/2020, B.1.429-spike, B.1.526-spike, B.1.1.7-spike+E484Kウイルスに対する幾何平均中和価は、それぞれ520, 394, 469, 597であった(図1および表S1)。このように、USA-WA1/2020の中和と比較して、B.1.1.7-spike+E484KとB.1.526-spikeの中和はほぼ同等であり、B.1.429-spikeの中和はわずかに低かったが、これは正の選択圧を受けていると思われるL452R変異の影響を反映していると考えられる。この結果から、B.1.1.7スパイクの中和率と比較して、B.1.351およびB.1.526系統にも見られるE484K変異が追加されても、中和率にほとんど影響を与えないことが示唆された。

(中略)

これらのデータは、新たに出現したB.1.526、B.1.429、B.1.1.7+E484Kの各変異種が、ワクチンによって誘発される重要な免疫エフェクター(中和抗体)に対して感受性を維持していることを示しているため、COVID-19パンデミックを終息させるための中心的な戦略として、有効性の高い現行の公認ワクチンによる集団予防接種の重要性が確認されたことになる。

図1 BNT162b2ワクチンを2回接種した後のSARS-CoV-2の新しい変種種の血清中和
BNT162b2-Elicited Neutralization against New SARS-CoV-2 Spike Variants fig1.png

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMc2106083

#ワクチン#基礎研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら