株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

We need a global conversation on the 2020 Olympic Games (The Lancet 2021.6.12)

With 6 weeks until the Tokyo 2020 Olympic Games begin, concerns over the safety of the Games amid the COVID-19 pandemic are intensifying. Public health experts have expressed strong reservations about how well the risks are being mitigated in articles and before parliamentary committees. The Olympic and Paralympic Games are now deeply unpopular in Japan: lengthy petitions have been signed, 10 000 volunteers have resigned, and several opinion polls have shown that most respondents thought the Games should be postponed or cancelled. The International Olympic Committee (IOC) has the ultimate power to decide on the Games but has huge economic and reputational incentives to continue, as does the Japanese Government. Both insist that the Games will go ahead safely. Writing on June 4, Kaori Yamaguchi, executive member of the Japanese Olympic Committee, suggested that the decision is a fait accompli. "We have been cornered into a situation where we cannot even stop now. We are damned if we do, and damned if we do not." Is Yamaguchi right? Are we sliding into a dangerous Games? And shouldn't all who have a stake also have a voice?

The Games are a global event, happening amid a global health crisis. Control and prevention of COVID-19, including vaccination, are highly variable worldwide. Although international spectators have been barred, 15 000 athletes from more than 200 countries will travel to Tokyo, as well as nearly 80 000 officials, journalists, and support staff. Their vaccination is not mandatory and mixing could risk avoidable transmission of SARS-CoV-2, including emerging viral variants, seeding fresh outbreaks when attendees return home. The Games might also adversely affect the COVID-19 situation within Japan, where case numbers are falling, but several regions remain under a state of emergency. Japan's vaccination roll-out has been sluggish, with 3·4% of the population immunised. As The Lancet goes to press, no final decision has been made on whether domestic fans can attend, but doctors are concerned about the pressure on health services. The Tokyo Medical Practitioners Association, representing around 6000 primary care doctors, has written to Prime Minister Yoshihide Suga calling for the Games to be halted, saying that Tokyo's hospitals "have their hands full and have almost no spare capacity".

The IOC has taken extraordinary measures to minimise the risk of transmission. The number of attendees has been halved. Participants have been given a stringent 60-page rule book for COVID-19, developed with WHO and public health experts: non-compliance could see expulsion from the Games. Two negative COVID-19 tests are required before departure for Japan as well as daily testing during the Games. Strict non-pharmaceutical interventions will be in place, and most events will take place outdoors. All possible places attendees might visit must be approved in advance, and use of public transport is barred. Historically, the overall number of travellers to a host country changes little during the Games. Narita airport in Tokyo is receiving close to 100 000 international passengers per month. The IOC might well also point to events such as the European Football Championship. Matches are being played, with spectators, in the UK, which had 30 724 infections in the week of May 31 and rising, compared with Japan, which had fewer than 19 000. Finally, the Olympic and Paralympic Games could encourage physical activity, provide a worldwide morale boost, and promote unity, showing how the global community can come together, after 18 traumatic and fractious months.

But has the global community come together? All nations have an interest in the COVID-19 pandemic and the safety of the Games, yet discussions have largely rested with the IOC and the Japanese Government. Even Tokyo could not unilaterally cancel the Games without risking a multibillion dollar fine for breach of contract. The IOC, whose risk assessments are not publicly available, is the only one with the mandate to halt the Games. But the 2020 Games are not solely a sporting issue.

Global health organisations have been largely silent on whether the Games should proceed. WHO refuses to be drawn on whether they should go ahead. The ECDC has told The Lancet it has not specifically performed or even discussed a risk evaluation for the Olympics. In 2016, amid Zika, US CDC director Tom Frieden, declared there was no public health reason to cancel or delay the Rio Games. The CDC has not responded to several requests from The Lancet to clarify its stance on Tokyo 2020.

This silence is a deflection of responsibility. The risks of the Games, and how they are being managed, need wide scrutiny and approval. There needs to be a global conversation about the Games, and it needs to happen now.

2020年オリンピックに向けたグローバルな対話が必要だ(The Lancet 2021.6.12)


2020年東京オリンピックの開幕まで6週間となり、COVID-19パンデミックの中での大会の安全性に対する懸念が強まっている。公衆衛生の専門家は、論文や国会の委員会で、リスクがどの程度軽減されているかについて強い懸念を表明している。長期間にわたる署名活動、1万人にのぼるボランティアの辞職、そしていくつかの世論調査では、ほとんどの回答者が大会を延期または中止すべきだと考えていることなどから、オリンピック・パラリンピックは日本での人気が著しく低下している。国際オリンピック委員会(IOC)は大会開催を決定する最終権限を持っているが、日本政府と同様に、経済的にも評判的にも大会を継続する大きなインセンティブを持っている。両者とも、大会は安全に実施されると主張している。日本オリンピック委員会の山口香理事は6月4日の記事で、今回の決定が既成事実化したことを示唆している。「今さら止めることもできない状況に追い込まれている。やったらやったで、やらなかったらやらなかったで大変なことになる」。山口は正しいのか?私たちは危険なゲームに突入しているのだろうか?そして、関係者全員が声を上げるべきではないだろうか。

大会は世界的なイベントであり、世界的な健康危機の中で開催される。ワクチン接種を含むCOVID-19の制御と予防は、世界的に大きく変動している。海外からの観戦は禁止されているが、200カ国以上から15,000人のアスリートと、80,000人近い関係者、ジャーナリスト、サポートスタッフが東京に集まる。彼らにはワクチン接種が義務づけられていないため、参加者が帰国した際に、新たなウイルス変異株など、回避可能なはずのSARS-CoV-2の感染をまねき、新たな流行を生み出す危険性がある。また、この大会は、日本におけるCOVID-19の状況にも悪影響を及ぼす可能性がある。日本では、感染者数は減少しているが、いくつかの地域では緊急事態が続いている。日本ではワクチンの接種が遅れており、接種率は人口の3~4%である。Lancet誌が発行された時点では、国内のファンが参加できるかどうかの最終決定はなされていないが、医師たちは医療への圧迫を懸念している。約6000人の医師を代表する東京都医師会は、菅義偉首相に大会の中止を求める文書を提出し、東京の病院は「手一杯で、余力がほとんどない」と述べている。

IOCは感染のリスクを最小限に抑えるため、特別な対策を講じ、参加者の数は半分に減らされた。参加者には、WHOや公衆衛生の専門家と共同で作成した60ページに及ぶCOVID-19の厳格なルールブックが配布され、これに従わない場合は大会から追放されることになる。出国前にCOVID-19の2度の陰性結果が要求されるほか、大会期間中は毎日検査が行われる。医薬品を使用しない厳格な介入が行われ、ほとんどのイベントは屋外で行われる。また、参加者が訪問する可能性のある場所はすべて事前に承認されなければならず、公共交通機関の利用も禁止されている。歴史的に見ても、大会期間中に主催国を訪れる旅行者の数はほとんど変わらない。東京の成田空港には、月に10万人近くの外国人旅行者が訪れているという。また、IOCはサッカーの欧州選手権のようなイベントを挙げるかもしれない。観客を入れて試合が行われ、5月31日からの1週間で30,724人の感染者が出てその後増加しているイギリスに対して日本では、19,000人に満たない。そして最後に、オリンピック・パラリンピックは、身体活動を促進し、世界的に士気を高め、団結力を高めることができる。

しかし、国際社会は一体となっているのだろうか?すべての国がCOVID-19のパンデミックと大会の安全性に関心を持っているにもかかわらず、IOCと日本政府の間でしか議論が行われていない。さすがの東京でも、契約違反による数十億円の罰金を覚悟しなければ、一方的に大会を中止することはできない。リスク評価が公開されていないIOCは、大会を中止させる権限を持つ唯一の機関である。しかし、2020年大会はスポーツだけの問題ではない。

世界の保健機関は、大会を開催すべきかどうかについてほとんど沈黙している。WHOは、大会を実施すべきかどうかについては言及を避けている。ECDCはLancet誌に対し、オリンピックのリスク評価を特に行っておらず、議論すらしていないと述べている。2016年、ジカ熱の中、米国CDC長官のトム・フリーデンは、リオ大会を中止または延期する公衆衛生上の理由はないと宣言した。Lancet誌が東京2020大会に対する姿勢を明らかにするために何度かCDCに要請しているが、応じていない。

この沈黙は、責任逃れである。大会のリスクとその管理方法については、広く精査し、承認を得る必要がある。東京大会については、世界的な議論が必要であり、それは今すぐにでも行われるべきである。

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(21)01293-9/fulltext

要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら