株式会社Smart119|安心できる未来医療を創造する

Age-related immune response heterogeneity to SARS-CoV-2 vaccine BNT162b2 (Nature 2021.6.30)

Abstract


Although two-dose mRNA vaccination provides excellent protection against SARS-CoV-2, data are scarce on vaccine efficacy against variants of concern (VOC) in individuals above 80 years of age. Here we analysed immune responses following vaccination with mRNA vaccine BNT162b22 in elderly participants and younger health care workers. Serum neutralisation and binding IgG/IgA after the first vaccine dose diminished with increasing age, with a marked drop in participants over 80 years old. Sera from participants above 80 showed significantly lower neutralisation potency against B.1.1.7, B.1.351 and P.1. variants of concern as compared to wild type and were more likely to lack any neutralisation against VOC following the first dose. However, following the second dose, neutralisation against VOC was detectable regardless of age. Frequency of SARS-CoV-2 Spike specific B-memory cells was higher in elderly responders versus non-responders after first dose. Elderly participants demonstrated clear reduction in somatic hypermutation of class switched cells. SARS-CoV-2 Spike specific T- cell IFNγ and IL-2 responses decreased with increasing age, and both cytokines were secreted primarily by CD4 T cells. We conclude that the elderly are a high risk population that warrant specific measures to boost vaccine responses, particularly where variants of concern are circulating.

SARS-CoV-2ワクチンBNT162b2に対する年齢による免疫応答の不均一性(Nature 2021.6.30)


概要


SARS-CoV-2は2回のmRNAワクチン接種で優れた予防効果を発揮するが、80歳以上の高齢者におけるVOC(variant of concern)に対するワクチンの有効性に関するデータは少ない。本研究では,高齢者と若い医療従事者を対象に,mRNAワクチンBNT162b22を接種した後の免疫反応を分析した。ワクチン初回接種後の血清中和および結合性IgG/IgAは、年齢の上昇とともに減少し、80歳以上の参加者では顕著に低下した。80 歳以上の参加者の血清は、懸念される B.1.1.7、B.1.351、P.1.の各変異体に対する中和能が野生型に比べて有意に低く、初回接種後に VOC に対する中和能を欠く可能性が高かった。しかし、2回目の投与では、年齢に関係なくVOCに対する中和能が検出された。SARS-CoV-2 Spike 特異的 メモリーB 細胞の頻度は、初回接種後の高齢者で非接種者よりも高かった。高齢者ではクラススイッチ細胞の体細胞突然変異が明らかに減少していた。SARS-CoV-2 Spike特異的T細胞のIFNγおよびIL-2反応は年齢の上昇とともに減少し、両サイトカインは主にCD4 T細胞から分泌された。結論として、高齢者は高リスク集団であり、特にVOCが流行している場合には、ワクチン反応を高めるための特別な対策が必要である。

【Figure 2d】 BNT162b2ワクチン接種後の血中SARS-CoV-2スパイク結合抗体反応およびSARS-CoV-2スパイク特異的Bメモリー細胞
Age-related immune response heterogeneity fig2d.png

【Figure 4a,4b】 BNT162b2ワクチンの1回目と2回目の接種後のT細胞反応
Age-related immune response heterogeneity fig4ab.png

https://www.nature.com/articles/s41586-021-03739-1_reference.pdf

#ワクチン#臨床研究
要約は、deepl.com によって機械翻訳されたものを当社スタッフが修正・編集したものです。 要約、コメント、図画はできる限り正確なものにしようと努めていますが、内容の正確性・完全性・信頼性・最新性を保証するものではありません。
内容の引用を行う場合は、引用元が「Smart119 COVID-19 Archive 」であると明記ください。
Share
お問い合わせはこちら